スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[従軍慰安婦]「強制連行された証拠はない」は嘘
【メモ】最高裁判所は、旧日本軍が連行、監禁、強姦したことを事実認定した。

戦後補償裁判、4訴訟も請求権否定 最高裁で敗訴
(朝日 2007年04月27日20時36分)
http://megalodon.jp/?url=http://www.asahi.com/national/update/0427/TKY200704270348.html&date=20070428190359
戦時中の日本の行為をめぐって中国人が損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第一、第二、第三各小法廷は27日午後、計4件でいずれも原告側の上告を退け、敗訴させた。同日午前、第二小法廷が、強制連行をめぐる訴訟で「72年の日中共同声明によって賠償請求権は放棄された」との初判断を示したばかり。この解釈に基づき、戦後補償裁判が次々と姿を消す事態になった。

4件は、戦時中、旧日本軍の慰安婦にさせられたとして中国人女性が国に損害賠償などを求めた二つの訴訟▽中国から強制連行され、働かされていた北海道の炭鉱から45年7月に脱走し、終戦を知らないまま道内の山野で13年間逃亡生活を続けた劉連仁(リウ・リエンレン)さん(00年死去)が、国に賠償を求めた訴訟▽強制連行されて福岡県の炭鉱で働かされた元労働者が国と三井鉱山に賠償を求めた訴訟。

このうち慰安婦2次訴訟は、第一小法廷(才口千晴裁判長)が判決を言い渡した。二審は「日華平和条約によって請求権は放棄された」と理由を述べたが、「日中共同声明によって放棄された」と理由を変更した。

訴えていたのは、山西省出身の郭喜翠さん(80)と故・侯巧蓮さんの遺族。一、二審とも軍が15歳の郭さんと13歳の侯さんを連行、監禁、強姦(ごうかん)した事実を認定したが、請求を棄却した。最高裁も、この事実認定自体は「適法に確定された」と認めた。

ほかの3件はいずれも法廷を開く判決ではなく、書面だけの決定により敗訴が確定した。

慰安婦1次訴訟は、被害にあった山西省の女性4人が国に賠償を求めたが、一、二審とも、旧憲法下で国の行為は責任を問われないとする「国家無答責」の法理を適用して請求を棄却していた。

劉連仁さんの訴訟で、一審は国家賠償法に基づき請求全額を認めて国に2000万円の支払いを命じた。しかし二審は、不法行為のあったときから20年がたつと賠償請求権が消滅するとされる「除斥期間」を理由に、原告を逆転敗訴させた。

福岡強制連行訴訟では、一審が被告三井鉱山に計1億6500万円の支払いを命じたが、二審は時効と除斥期間の成立を認めて原告を逆転敗訴させた。
(以上)



判決文では「現在、中国・山西省に住む80歳の女性ら2人(うち1人は死亡)は13歳と15歳だった42年、日本兵らにより拉致・監禁され、複数の兵士から繰り返し性的暴行を受けた。精神的にかなりの後遺症が残っている」と指摘し事実認定をした。

(1998/8/25)侯巧蓮さんが法廷と集会で証言 侯巧蓮さんの陳述書
http://www.suopei.org/saiban/ianfu/second/kokoren1_j.html



中国・フィリッピンの被害者の証言には、軍による強制連行が多い。インドネシアでもこのケースの証言が少なくない。被害者の証言以外では、インドネシアの事例が明らかになっている。ジャワ島スマランなどでオランダ人女性を強制連行したケースやスマランからフローレス島へオランダ人・インドネシア人女性を連行したケース、ボルネオ島ポンティアナックで地元女性を連行したとみられる事件、モア島で軍が強制連行したとする裁判資料、サバロワ島で地元女性を連行したっとする証言、アンボン島で地元女性を連行したとする証言などがある。
秦郁彦教授でさえフィリッピン「慰安婦」の証言について「多くは事実を反映している」と述べているほどである。

<以下参照>

陸軍第117師団長・鈴木啓久(ひらく)中将
「私は巣県に於て慰安所を設置することを副官堀尾少佐に命令してこれを設置せしめ、中国人民及朝鮮人民婦女20名を誘拐して慰安婦となさしめました」「日本侵略軍の蟠居する所には私は各所(豊潤、砂河鎮、其他2,3)に慰安所を設置することを命令し、中国人民婦女を誘拐して慰安婦となしたのであります。其の婦女の数は約60名であります」
(特集「侵略の証言」『世界』98年5月号)

(2003/12)法廷で元日本兵の性暴力証言を聞いて 川田文子
http://space.geocities.jp/japanwarres/center/library/jihyo41-1.htm

「blog*色即是空」より

軍による強制連行はあった 公文書編(1)
http://d.hatena.ne.jp/yamaki622/20070403/p1
軍による強制連行はあった 公文書編(2)
http://d.hatena.ne.jp/yamaki622/20070413/p1
軍による強制連行はあった 証言編(1)
http://d.hatena.ne.jp/yamaki622/20070405/p1
軍による強制連行はあった 証言編(2)
http://d.hatena.ne.jp/yamaki622/20070411/p1

「誰かの妄想」より

従軍慰安婦問題・慰安婦高額報酬説のトリック
http://ameblo.jp/scopedog/entry-10030549652.html
都市伝説・慰安婦高額報酬説(追記)
http://ameblo.jp/scopedog/entry-10031729317.html


「正論」2005年1月号 小野田寛郎「私が見た『従軍慰安婦』の正体」
にたいする「指環」氏によるツッコミ
http://t-t-japan.com/bbs/article/t/tohoho/10/freqrf/freqrf.html
従軍慰安婦は商行為である!と主張したつもりが、軍による慰安所管理や「半島ではあくどく詐欺的な手段で女を集めた者がいると言う話はしばしば聞いた」ということを証言してしまった小野田さんの手記。

ポチッと応援クリックお願いします!
ホップ!! 『人気blogランキング』    ステップ!! a_02.gif
ジャ~ンプ!!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

日本軍『が』強制連行したというのは事実無根であり、このことに関する責任は全くない。但し、悪徳業者を管理できなかったことと一部の軍人が軍規に違反して女性を拉致してくるような事例は確かにあったので、そのことに関する管理責任及び道義的責任はある。しかしながら、そのようなことも全部含めて日韓基本条約で解決済みのことであり、元慰安婦が個人補償を受けられないのは韓国政府の政策判断によるものであるから文句は韓国政府に言うべきである
| URL | 2007/08/04/Sat 01:53 [EDIT]
>日本軍『が』強制連行したというのは事実無根であり

一部だろうと末端だろうと強制連行した事実があるんなら、「あった」ことの証明にはなるが「なかった」ことの証明にはならない。

>しかしながら、そのようなことも全部含めて日韓基本条約で解決済みのことであり、元慰安婦が個人補償を受けられないのは韓国政府の政策判断によるものであるから文句は韓国政府に言うべきである

でたよ韓国。このブログのどこに韓国の話が書いてあんだよ。ちなみに慰安婦問題というのは日韓基本条約後に出てきた問題なんですがね。そして、日本政府内の首相や閣僚という立場にある人物から、河野談話を否定するような、「慰安婦は単なる娼婦」だとか強制連行どころか「強制自体なかった」とする発言が出れば、普通は文句を言うし、公式な謝罪だって求めてくるでしょう。しかし、日韓基本条約がある以上、補償は韓国政府がするべきだと思いますけどね。
やっしゃん | URL | 2007/08/04/Sat 05:13 [EDIT]
管理責任と書けば軽くなるとでも?
慰安所というのが軍の要請で作られたものであり、兵站の一部であったのだから、これは軍事作戦の一環である。そこでの行為の管理責任が軽いわけがないだろう。
企業などで、社員が個人的に犯した犯罪であっても、それが会社の業務に係わることであれば、企業自体の責任も重く追及される。(商社などで、社員が個人的に不正貿易に手を貸していた場合などを考えて見るといい)
「直接命令を下していない」などというのは言い逃れに過ぎない。
うちゃ | URL | 2007/08/04/Sat 19:42 [EDIT]
うちゃさん、ナイスフォローありがとう(^^
やっしゃん | URL | 2007/08/06/Mon 08:52 [EDIT]

Track Back
TB*URL

日本チームの活躍を伝えるコットランドの新聞の記事
ファスレーン365日本チームの活躍を伝えるイギリススコットランドの新聞の記事です。  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/08/03/Fri 08:16
忘れられた島の闘い
今夜のそのとき歴史が動いたを見よう  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/08/01/Wed 14:05
ファスレーン365日本チームの活躍
バンブー・ブロックは大成功  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/07/31/Tue 08:19
東京・大阪・京都の選挙情勢
東京・大阪・京都の選挙情勢  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/07/28/Sat 11:06
山口か田村か?
誰のための改革か 美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・ というブログに とく  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/07/28/Sat 10:09
oppose revision of Japanese constitution
村野瀬玲奈さんが提起されカナダde日本語が広めている海外に憲法改定反対世論を広めようという運動に賛同するものです。  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/06/09/Sat 14:38
シバレイ怒る!
フリージャーナリストのシバレイこと志葉 玲 さんが自衛隊の監視対象の一人ととなっ  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/06/09/Sat 12:54
松岡大臣自殺は多きな背景がある?
この事件には大きな背景があるような気がします。徹底究明が必要です。  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/05/29/Tue 08:16
ファスレーン365日本チームの参加者募集
ファスレーン365日本チームの参加者募集  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/05/24/Thu 08:26
2007啄木祭参加記
新日本歌人協会の主催で開催された2007年啄木祭に参加しました。  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/05/21/Mon 00:02
自民党と民主党候補者に改憲の賛否を問うアンケート
反戦な家作りさんの 【緊急】賛同ブロガー募集! 「自民党と民主党候補者に改憲の賛  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/05/19/Sat 11:41
丸川珠代who!
自民党の参議院東京選挙区の候補が丸川珠代 - Wikipediaに決まった。  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/05/18/Fri 07:55
まだまだヤマがある!
昨日の7が5つ並んだという私の記事にめでたいとコメントを頂いた津久井弁護士のこの  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/05/13/Sun 12:33
辺野古の人たちに心を寄せましょう。
低気温のエクスタシーbyはなゆーの紹介するgoogle video辺野古(HEN  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/05/12/Sat 21:46
7が5つ並びました
「大津留公彦のブログ2」のアクセスが777777と5つ並びましたのでご報告いたします。ついでに本日「大津留公彦」で検索した検索サイト毎のアクセス数一覧です。  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/05/12/Sat 14:50
自衛隊と闘わなければならなくなった
dr.stoneflyの戯れ言に 「辺野古の闘い」…市民運動阻止のため自衛隊投入!!? という記事が出た。自衛隊というのは「自衛の為の必要最小限度度の実力組織」ではなかったのか?いつから国民を弾圧する「実力組織」になったのか?  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/05/11/Fri 13:37
クローズアップ 現代 「9条を語れ 憲法は今」を見逃した人へ
(5・7)の クローズアップ 現代 「9条を語れ 憲法は今」二ついては昨日の記事に書きましたがを見逃したという人が多いようなのでyoutubeの映像をアップします。  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/05/11/Fri 12:54
神谷町から日比谷へ
サービス産業生産性協議会設立パーティーと改憲手続法案強行採決にに反対する集会 (憲法改悪反対共同センター主催)参加記  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/05/10/Thu 23:29
「9条を語れ 平和憲法の未来」を見た
連休明けの今日(5月7日)クローズアップ現代で「9条を語れ 平和憲法の未来」を見  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/05/07/Mon 23:57
中国帰還者連絡会や小林よしのりの事
 もしかしたら、以前他の方が取り上げたかも知れないが、私は始めて知ったので一応紹介しておきます。 中国帰還者連絡会というのがあるそうです。どのような連絡会か一部を抜粋しますと。私たちは、先の日中15年戦争の  [続きを読む]
米国からの便り 2007/05/02/Wed 06:10
フリーターら「生存メーデー」
 朝日新聞より一部を抜粋すると。低収入で不安定な生き方を強いられているさまざまな立場の人々が一緒に歩き、踊り、叫んだ。30日に東京で開かれた「自由と生存のメーデー07」。同じ日に大阪でも、その名もずばり「  [続きを読む]
米国からの便り 2007/05/01/Tue 06:58
[慰安婦問題]「軍による強制」を事実認定した裁判所の判決
今回は、3月16日に閣議決定した「政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述は見当たらなかった」とする答弁書に反論していきます。 4/15エントリーで紹介した朝日新聞に掲載された強制を示す資料に関し、ブログ『解決不能』のhaga  [続きを読む]
blog*色即是空 2007/05/01/Tue 00:21
「日本国憲法 誕生」を見て
ベアテ・シロタ・ゴードンさんに感謝します  [続きを読む]
大津留公彦のブログ2 2007/04/30/Mon 23:54
Desgin by Pixel
Copyright © ◆ 美しい壺日記 ◆. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。