スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[産経]古森義久が慰安婦問題でぎらつく報告をする
アメリカで慰安婦決議案が準備されているといって、安倍がまた謝罪パフォーマンスをしたそうだが、産経ではまたぞろデマ報道がにぎやかだ。

【緯度経度】慰安婦問題での陰謀説 ワシントン・古森義久
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/48621
(一部抜粋)
<丶`∀´>「ティンジ・オブ・レーシズム」とは人種や民族への偏見の色彩である。慰安婦問題で日本を非難するボストン・グローブ3月8日付社説の見出しは「『すみません』と言えない日本」だった。ニューヨーク・タイムズの3月6日付社説は「日本の政治家たちは安倍首相はじめ恥ずべき過去を克服する第一歩はその過去を認めることだと知るべき時だ」と断じた。米国はフランスに向かって、こんな口調で告げるだろうか。こうした高所からの「日本とは」とか「日本の政治家たちは」という説教調の断定には日本国民を一括して特殊に決めつける人種偏見がにじんでいる。そう抗議したかったのだ。

しかしいまの米側の日本糾弾にはさらに悪質な政治的攻撃が存在する。テレビでは言及する時間がなかったが、自己のイデオロギーの日本への押しつけに慰安婦問題を武器にするという動きである。その典型はエール大学のアレクシス・ダデン准教授が発表した「安倍首相の新しい服」という題の論文だった。タイトルからして明らかにアンデルセンの童話「裸の王様」を示す、日本の首相への侮蔑的な表現である。
ダデン氏は次のように述べていた。

「(慰安婦問題の)焦点は強制に関する事実ではなく、安倍(首相)が『強制』の意味を切り替えたこと、そしてその言葉の論議の忌避を最近、決めたことは、なぜかという理由である。簡単にいえば、それは安倍(首相)が日本軍を合憲の軍隊として復活させる前に旧日本軍の記録をごまかすための企図なのだ。1947年憲法を変えて、日本軍が活動できるようにするという安倍(首相)の決意はワシントンの公然たる奨励を得ており、そのことが慰安婦強制での日本軍の歴史的役割に関する彼の尊大な言明の要因となったことは疑いがない」

安倍首相が慰安婦問題では日本軍復活のために「強制徴用」を否定した、というのだ。いかにもこじつけの「陰謀説」である。その語句には日本は憲法を変えることも、自衛軍を持つこともしてはならないという自己の勝手な政治主張がにじんでいる。

ダデン氏といえば、慰安婦問題で日本を裁いた2000年の国際模擬裁判でも中枢の役割を演じた左翼活動家の女性である。博士論文は「日本の謝罪テクニック」という題だったという。
いまの米国での慰安婦論議には日本を一定の政治鋳型の押し込もうとする、こんなぎらつく動きもあることを報告しておこう。
(以上)


てなかんじで、

古森氏が米PBSテレビに出演したことと、自己のイデオロギーをからめ、ぎらつく報告しているのですが

この記事を読むかぎりダデン氏は「安倍は強制の意味を切り替えた」と言っているわけで、実際に安倍は、狭義だ広義だと詭弁を使い強制の意味を切り替えてきました。

それなのに、古森氏はダデン氏の発言内容を勝手に「安倍が強制徴用を否定したというのだ」と捏造して、さらに妄想を膨らませて「陰謀説だ」とこじつけてるわけで


(・∀・)自己の勝手な政治主張がにじみ過ぎですよ古森さん。


それと、

古森氏はアメリカでの慰安婦決議案を「ティンジ・オブ・レーシズム」という言葉で「人種や民族への偏見」だときめつけ「米国はフランスに向かって、こんな口調で告げるだろうか」と抗議したそうですが、昨日も紹介した「反米論を撃つ 著者 古森義久vs田久保忠衛」の中で、反米論者である西部邁氏と小林よしりん氏に対して、こんな批判をしています。

187ページより 白人恐怖症のご両人

<丶`∀´> 他人に対し人種ということで全体の特徴を、ああだこうだと決めてしまうステレオタイプの一番悪い典型が人種偏見であり、人種差別です。
(中略)
(よしりんのマンガをみると)白人にもアングロサクソンとかゲルマン、スラブ、ユダヤなど、いろいろあるのですが、とにかく白人といのは、日本人の敵のようなのです。白人はみな同じように考え、同じように行動するという大前提、これこそ人種差別の極みです。人間を個人の次元でみず、人種の区別でしか判断できないのですから。
(中略)
人間を人種でしかみないとなれば、まさにレーシズムの世界です。


< ; `∀´> ギクッ



 あと、

(・∀・)いつものことですがビックマウスも含まれているようですね。

「黙然日記」より 古森義久氏の米TVでの発言。
http://d.hatena.ne.jp/pr3/20070421/1177136310#c
実はこの記事の見どころは、後半の「米国が日本を非難するのはレイシズム(人種差別)だ」という主張のあたりです。紙面では力強く主張したことになっているのですが、番組の方を見ると、「いや、中国や韓国からも非難されていますから」とザカリヤ氏にすかさず切り返されていますね。


< ; ゚Д゚> アッ…イヤアアア

ポチッと応援クリックお願いします!
ホップ!! 『人気blogランキング』    ステップ!! a_02.gif
ジャ~ンプ!!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

そろそろ引退されては?
古森さんてアメリカ大大好きだった人でしょう?
そのアメリカにこんなに悪口言わなきゃならなくなってお気の毒です。お歳もお歳だし、日本の田舎にでも引っ込んで畑でも耕してみちゃどうですか?と言ってあげたいです。
初花 | URL | 2007/04/22/Sun 21:12 [EDIT]
初花さんへ
お気の毒とはうまい表現ですね。だいぶお年のようですし引退も近いのかと思うと寂しいかぎりです。
やっしゃん | URL | 2007/04/24/Tue 16:08 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Desgin by Pixel
Copyright © ◆ 美しい壺日記 ◆. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。