スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
靖国神社 慰安所経営者も合祀
【靖国神社 慰安所経営者も合祀】 
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20070329/mng_____sya_____000.shtml
国会図書館資料初公表(3/29 中日新聞)

日本占領下のインドネシアで慰安所を経営し、BC級戦犯として有罪判決を受けた後、獄死した男性について、厚生省(当時)と靖国神社が1967年に合祀(ごうし)を決めていたことが28日、明らかになった。国会図書館が同日公表した「新編 靖国神社問題資料集」に盛り込まれた靖国神社の内部資料に明記されていた。政府は、いわゆる従軍慰安婦について「おわびと反省の気持ち」を表明しているが、一方で慰安所経営者の合祀を進めていたことになる。

靖国神社が、占領下のアジアで慰安所を経営していた一般人の合祀を決定していたことが判明したのは初めて。

この内部資料は、67年5月9日に靖国神社洗心亭で開催された厚生省援護局と神社側の会議の様子を記録した資料「合祀事務連絡会議開催につき(報告)」。厚生省側から合祀事務の担当課長以下7人、神社側から担当の権宮司ら2人が出席、これまで合祀を保留していた対象者について合祀の可否を検討した。

資料によると、このうち「法務死亡者(一般邦人)」として、「櫻クラブ経営者。(訴因、婦女子強制売淫刑10年受刑中病死、り崎ろ第233××号)」とされる人物が記載され、「合祀する」と判断されていた。

BC級戦犯裁判に詳しい研究者によると、この経営者は43年9月から45年9月までインドネシア・バタビア(現ジャカルタ)で慰安所を経営していた実在の人物。現地の女性らに強制的に売春させたとして、オランダ軍による戦犯裁判で有罪判決を受けた。46年11月末から現地で服役し、翌月末に病死した。

財団法人「女性のためのアジア平和国民基金」が1998年末にまとめた「『慰安婦』問題調査報告」は櫻クラブを「一般邦人向けの慰安所」としており、日本軍は慰安所の「設置や規則に関与していた」が「軍が組織として設置したり、将兵たちの使用目的のために設置されたわけではなかったようだ」と記述している。

国立国会図書館が28日公表した「新編 靖国神社問題資料集」はA4判で約1200ページ。靖国神社の内部資料のほか、米オレゴン大が所蔵する連合国軍総司令部(GHQ)の調査担当者が収集した資料、中曽根康弘内閣当時の閣僚参拝に関する懇談会資料などがまとめられている。

4月をめどに一般にも閲覧可能とし、ホームページにも掲載する予定。
(以上)



「低気温のエクスタシーbyはなゆー」
http://alcyone.seesaa.net/article/37150627.html
(インドネシアにおける慰安婦調査報告あり)



バタビア臨時軍法会議判決で裁かれたスマランの「白馬事件」については以前記事を書いてるんで一応貼っときます。
「続 従軍慰安婦は強制です」



【1948年2月14日に下されたバタビア臨時軍法会議判決】
公文書が残っている旧日本軍による強制連行、売春強要事件(スマランの白馬事件)
http://www.han.org/a/half-moon/hm036.html#No.251
(以下引用)
『季刊、戦争責任追及』No3所収
「オランダ女性慰安婦強制事件に関するバタビア臨時軍法会議判決」


被告1. 45歳、1902年広島県生まれ 陸軍大佐
1945年3月から4月にかけて、スマランの兵站将校の職務にあった被告は戦争犯罪が犯されていると、あるいは戦争犯罪が犯されるであろうと察知していたか、当然、疑ってみるべきだったにもかかわらず、自分の指揮下にあった民間人ならびに軍人が35人程の女性に売春を強制し、強姦するのを黙認した。
この女性たちは日本軍占領当局によって、スマラン市内のスマラン東、ヘダンガン、ハルマヘラの3カ所の婦人収容所、また、アンバラワ第4、第5という2カ所の婦人収容所から連行され、将校クラブ、スマラン・クラブ、日の丸、二葉荘などのスマラン市内の数軒の慰安所に収容されていた女性たちである。


被告3. 38歳、1910年広島県生まれ 陸軍少佐
(a)被告は1944年2月26日頃か、同年同月のある日、スマラン市内カナリラーンにある建物において35人ほどの女性たちを、慰安所として設備された4カ所の建物に輸送することを命じた。・・略・・また被告は、兵站将校代理の職務にあって、前記の女性たちのうち、自由意志で売春を行う女性は皆無か、いたとしてもごく少数であり、売春をさせるために実力行使が行われるであろうことを承知しながら、あるいは、当然、その疑いを持つべき立場にありながら、女性たちに売春婦として働くことを命じた。
(b)・・略・・将校クラブと呼ばれる建物において・・略・・不特定多数の日本兵との自発的な性交を拒否し続けるならば、彼女たちは殺されるか、あるいは彼女たちの親族が報復を受けるであろうと脅迫して売春を強制した。
     

被告9. 41歳、1907年10月9日東京生まれ 陸軍曹長
・・・当時、スマラン・クラブと呼ばれた慰安所の支配人をしていた頃、被告は日本軍占領当局の強制収容所から連行された少女や女性の7人ほどに対し、売春を強制し、女性たちが日本兵との婚外性交を拒むと殴るなどの暴力を行使した。
     

被告12. 39歳、1909年1月24日山梨県生まれ 陸軍曹長
・・・将校クラブとよばれる慰安所の支配人であったとき、・・・婚外性交を拒否すれば、もっと悪い状況下にある兵士用慰安所に移すと脅かし、強姦、強制連行、強制売春またその他の一般的虐待で女性たちすべて、あるいは多くの少女たちに深刻な肉体的、精神的苦痛を与えた。

(川田文子「インドネシアの『慰安婦』」明石書店)
(以上)


安倍がトボケる

【戦犯合祀は靖国神社の判断、政府は要求せず…安倍首相】
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070329i105.htm
安倍首相は29日昼、靖国神社の戦犯合祀(ごうし)に対する旧厚生省の積極的な関与が国立国会図書館の資料で明らかになったことについて、「問題ないと思う。合祀を行ったのは神社で、旧厚生省は情報を求められて提供した」と述べ、政府が合祀を要求したわけではないとする見解を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

塩崎官房長官も記者会見で、「旧厚生省は旧軍の人事資料を持っていたので、靖国神社を含めた調査依頼に対し、一般的な調査回答業務の一環として回答していた。(戦犯の)合祀は神社側の判断で行われるので、強制しているようなことではない」と強調した。
(以上 3月29日13時45分 読売新聞)


※国と靖国が一体となり、こっそり戦犯の合祀をした旧厚生省の「引揚援護局」は、局長のみがキャリアで入れ替わり、実質面を旧軍人グループ、しかも東京裁判史観否定派のイデオロギーを代弁する勢力に牛耳られている部署でした。

中心となったのは、戦後20年間にわたり課長、局次長を歴任した美山要蔵元陸軍大佐、板垣徹元中佐、大野克一元中佐らで、部下には元将校、下士官、戦争未亡人が集まり、省内でも別格の職場でした。美山元大佐は東条英機首相兼陸相の直系といわれ、かつて靖国を所管した陸軍省の副官でした。

そして、靖国にA級戦犯合祀をした松平永芳宮司も元海軍少佐で、義父は、インドネシアでのオランダ軍事法廷で死刑とされた醍醐忠重海軍中将でした。
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/05-10/051031tokyo-yasukuni+.htm

ポチッと応援クリックお願いします!
ホップ!! 『人気blogランキング』    ステップ!! a_02.gif
ジャ~ンプ!!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

従軍慰安婦についてですが、オランダや台湾での公文書がインターネットでは確認できませんでした、証言が出鱈目についてはどうなんですか?
パラオなどの国の独立宣言を読むと日本は独立に貢献したと書かれてますが・・・
司令長官 | URL | 2007/03/29/Thu 21:51 [EDIT]
英訳について
 私は英語は日常会話程度のものなので、私より英語の上手な親戚の方にも、やっしゃんさんが書いたブログを見てもらい、翻訳が正しいかどうか確認してもらいました。 正しく翻訳ができていたとの事です。 これで。バカウヨの自爆が確実になりました。w
ケンシロウ | URL | 2007/03/29/Thu 23:49 [EDIT]
ケンシロウさんへ
あっ、そうでしたかw
わざわざ確認していただいてありがとうございます
ホッとしました(^^;)

司令長官さんへ
証言がデタラメの件ですが、自分もすべての証言が本当だとは思ってませんよ
ただ、裏付けがしっかりしている証言もあるのですべてが嘘だとも思ってません
パラオのことは、まったく知識がないので答えようが・・・
やっしゃん | URL | 2007/03/30/Fri 00:29 [EDIT]
「靖国神社 慰安所経営者も合祀」について
このニュースは重要なことを示してますね。
売春強制罪で裁かれた慰安所経営者(業者)を軍属として合祀していたということは、軍による組織的な犯行を認識してたということを表しています。しかも旧厚生省までが合祀に加担しています。今後、「業者が勝手にやったこと」という言い訳は成り立たないんじゃないでしょうか。
山木 | URL | 2007/03/30/Fri 11:01 [EDIT]
山本さんへ

軍が慰安所の設置に関与してたが、設置したわけではなかったようだというのも分かりづらい報告書ですよね
インドネシアの慰安所での事件は、軍による組織的な犯行であるのに、安倍はよく狭義の強制を否定できるよなぁと思います
あと政府というのはなんで責任を認めないんですかね・・・
旧厚生省が合祀に関与=政府が関与だと思うんですが
やっしゃん | URL | 2007/03/30/Fri 12:32 [EDIT]

Track Back
TB*URL

軍指示で慰安所開設 「靖国合祀」の経営者、占領下インドネシア...
■「いわゆる「従軍慰安婦」問題について」シリーズ記事。■『中日新聞』1面の記事のウェブ版から転載。軍指示で慰安所開設 「靖国合祀」の経営者、占領下インドネシアで2007年4月12日 朝刊 【ベルリン=三浦耕喜】日本占領下のインドネシアで民間の慰安所を経営してい..  [続きを読む]
タカマサのきまぐれ時評 2007/04/12/Thu 08:50
Desgin by Pixel
Copyright © ◆ 美しい壺日記 ◆. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。