スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[英霊も迷惑]「河野談話撤回署名運動」
「ゴミウヨク焼却党本部」のanti-gomiuyoさんが「河野談話撤回署名運動」のお粗末な実態というnewエントリーの中で、また汚物を焼却してくださっています。

(以下 一部転載)

『この国は少し変だ!よーめんのブログ』8/17エントリー「街頭署名動画靖国神社版」
8月15日の靖国神社で、「河野談話の白紙撤回を求める市民の会」のメンバーを率い、署名活動に取り組むよーめんたち。
頭の悪いウヨクがリアル世界に出てくるとどうなるのかということを鮮明に焼き付けてくれる映像をアップしている。
たかが署名運動だというのに、トラブルの連続。
お年寄りや外国人に対する信じられないような酷い罵詈雑言の数々…。
もう、何と言うか、開いた口が塞がらないような映像だ。

(右翼を批判するお年寄りに向かって)
「帰れ、バカヤロー!」
「お前、日本人か、アホ!」
「靖国来んな!」
「帰れ、テメー、バカヤロー!」
「北朝鮮へ帰れ!」
「ジジイ!」

(ここまで)

なんなんでしょうか、この「恥」知らずな地球のゴミ達は

日本には言論の自由はあるが、大声でウソを言いふらす自由なんかありましたっけ?


地球のゴミ「A級戦犯という言葉そのものをアメリカが否定した。A級戦犯という言葉もない。」

ウソつくな! ちなみに、外務省のHPには、極東国際軍事裁判で裁かれたA級戦犯は日本の“重大戦争犯罪人”であると書いてあるんだが。
外務省HP
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/09.html


地球のゴミ「アジア21ヵ国中、日本の靖国神社に抗議をしてる国は韓国と独裁国家の支那のたった2ヵ国だけだ。」

ウソつくな! 「残念」「苦々しい」東南アジア・豪も批判 靖国参拝
http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/news/2006/0816-2.html
(2006/08/16 朝日新聞)
小泉首相の靖国神社参拝をめぐっては、東南アジア各国からも懸念や批判の声が出た。シンガポール外務省は15日、「小泉首相の靖国参拝は遺憾だ。靖国問題は日本の内政であると同時に、国際外交上の懸案事項でもある。中韓はじめアジアの国々で反発を呼び起こし、緊密な関係と協力関係を築くという地域共通の利益に役立たない」との報道官声明を発表した。


地球のゴミ「慰安所は日本軍が作ってない」

ウソつくな!  日本政府の調査結果:慰安所開設は当時の軍当局の要請による。
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%85%B0%E5%AE%89%E6%89%80&oldid=14094456


(がまんして三分の一ぐらいまで見たんですが、ここでギブアップ)


こいつらはウヨクでもなんでもなく単なるウソつき!日本の恥!と、思われた方クリック
『人気blogランキング』     a_02.gif
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

きついです(><)
こ れ は ひ ど い

動画見ていて吐き気がしてきた。
3年位前までウヨ思想に染まっていた自分としては、かつての自分がこの手合いと同類だったと思うだけで耐えられない自己嫌悪を・・・。
とは言え、今の世の中はかつてのウヨブームが過ぎ去って、未だ足を洗えない人たちがより先鋭化している状況。あまり追い詰めると在りし日の中核派の様に何を始めるかわかったもんじゃない。
| URL | 2007/08/20/Mon 15:19 [EDIT]
悪いのはすべて特アだと自虐的に責任転換し、日本はすごいと誇大妄想を膨らませているのは、本当に滑稽で恥ずかしい。
ちゃら | URL | 2007/08/20/Mon 16:28 [EDIT]
とほほほほほほ
あー………。
私も引用部分だけでもうダメです。
昔の大人(※)はこーゆーガキを叱ったか少なくとも相手にしなかったのだろうが、今はこーゆーのを自分たちの欲望のため積極的に利用するような大人が権力握ってるからねえ…(※せーじ家、学者、財界、マスコミ、出版の意)。
エクレア長介 | URL | 2007/08/20/Mon 18:24 [EDIT]
やっしゃんへ
こんばんわ
先日、共産党の若者と話す機会がありました。
彼らも、「河野談話の白紙撤回を求める市民の会」の方と同じことを言うのです。
「原子爆弾を落とすようなアメリカが正義だと言うのか」と「私は、そうです」
と答えました。

彼らの反論に答えながら、その説明をしていきましたら最後は理解し、自分達が、いかに矛盾していたかに気づいて、お互い笑顔で別れました。

やっしゃん、天皇の戦争責任とアメリカの原爆投下について、自分のスタンス
をはっきりさせておかないと、矛盾や誤解が生じますよ。
気をつけてね
ほっと一息 | URL | 2007/08/20/Mon 21:51 [EDIT]
すごいもの紹介していただきました。
いやぁー。久しぶりにすごいもの見せてもらいました。リンク先の画像みて、あのサイトの主の親族(正常な精神持ってる方がいたら)みたら、情けなくて号泣するでしょうね。 印象的だったのは、あのサイトの主のアップ!完全に危ない世界いってる目つきしてましてよ。
ただの通りすがり | URL | 2007/08/20/Mon 22:09 [EDIT]
>>在りし日の中核派の様に
ネットキモウヨという人種は、「いかにラクして自意識をおっ勃てるか」以外は一切眼中に無い手合いです。
「コッカ」だの「アイコク」だのといった"ご本尊"も、自分は何の努力もしなくても生まれながらに手にしている、
他から反論されにくい、という「対費用効果」からたまたま選び取っただけのオモチャに過ぎません。
わざわざ組織を自ら立ち上げて社会にコミットしようなんていうハードルの高い事に勤しむ者は極々少数でしょう。
もしネット上での恥ずかしい言動を本当に実践するネットキモウヨ活動家がいるとしたら、文鮮明/原理研系の
「ヒモツキ」では無いでしょうか。実際にそうやって壺売りに駆り出されてる哀れなネットウヨ青年
というのがいるらしいです…。
Meifumadoh | URL | 2007/08/20/Mon 22:44 [EDIT]
ほっとした自分がいる...
ネット上で差別的な言語を使いまくる連中の実態?なのかはわからないですが、現実の姿を見るとなんか安堵してしまった自分がいます...
しゃべり方や、容姿を見るにつけ、なんか追い込まれている感(見えない敵と
戦っている?)が伝わってきました。。
憎悪とかムカツクってのよりも見ていてなんか憐れで不憫に感じてしまいました...
こういう連中とネット上で議論していたのかと思うと、なんかやりきれなくなるなぁ。。。
浪人 | URL | 2007/08/20/Mon 23:04 [EDIT]
ビデオの主
かの有名なニシムラさんなのですね。
| URL | 2007/08/20/Mon 23:46 [EDIT]
なんていうか
彼らは倫理的にはもちろん、ボキャブラリーの少なさ等からすると知能の方もかなりダメダメなようですね・・・最低です(-_-)
| URL | 2007/08/21/Tue 01:28 [EDIT]
そもそも日本人が外国人に対して文句を言ったりする事自体が間違ってますね。
右翼も左翼も関係なしに、中国だろうがアメリカだろうが日本が迷惑をかけた事は事実だし、原爆を落とされたおかげで今生き延びさせてもらってるんであって、原爆に文句言える資格は日本人にはないと思います。
日本がアジアを支配していたら今の世界平和は絶対になかっただろうし、日本軍を退治してくれた原爆は世界中が感謝していると思います。
そんな腐れた強姦魔の虐殺者を祭っているのが靖国神社で、右翼ともども爆破解体すべきだと思います。
我々日本人は先祖を憎むのが正しい姿で、先祖の名誉なんていってる右翼の存在がある限り世界から孤立してしまいますね。
先祖の行った残虐な行為は消しようもない事実で、私達や子孫は永遠に謝罪をし続けるべきで、謝罪する心をなくしたときに日本は滅びると思います。
あいうえお | URL | 2007/08/21/Tue 01:59 [EDIT]
かきくけこ
あいうえおさん、ウヨクの方ですね。なりすましの印象操作は見苦しいですよ。

靖国に祭られている人たちを政治的、または自分の自己顕示の為に利用するウヨクやサヨク、及び各国の政治組織が醜いのであって、祭られている人たちはただの死者です。それ以上でもそれ以下でもないし、当然善も悪も無い。
そっと静かにしておくのが本来の在り方ではないですかね。

>右翼ともども爆破解体すべきだと思います。

>爆破解体すべきだと思います。

>爆破解体

>爆破

貴方はテロリストなんですね。怖い怖い。
| URL | 2007/08/21/Tue 09:41 [EDIT]
メガネのオッサン
ガチ右翼の國民新聞の西村修平ですよね。

西村+見た目がねら~っぽい子の動画や画像を良く見ますが、ネット右翼の子達が取り込まれちゃってるんですかね?
ando | URL | 2007/08/21/Tue 11:24 [EDIT]
トラックバックうたせていただきました
櫻井よしこの記事にトラックバックうたせていただきました
よろしくおねがいします
安倍助兵衛 | URL | 2007/08/21/Tue 14:57 [EDIT]
>かきくけこ
あなたは人間は右翼と左翼の2種類しかないと思っている人間なんでしょうね。
その考えをかきくけこが死ぬまで持ち続ける事は大事な事だと思うし、その考えを死ぬまで変えて欲しくないし、他の誰かの意見のほんの一部を見ただけで右翼だとか左翼だとかを決め付けて楽しむ事があなたにとって正しい人生だと思うし、死ぬまで他人を決めつけ喜んでいればいいと思いますよ。
日本人が腐れた民族だと言う事はここに書き込みしている皆さん共通の認識だと思うし、靖国神社の存在を快く思わない人達がここに集まっていると思っています。
靖国に眠っている強姦魔や虐殺者をただの死者だとか、そいつらを正当化するかきくけこの感性が私には信じられませんね。
こいつらのせいでいまだに私たちが世界に向けて肩身の狭い思いをしなければいけないんですよ。
英霊だとかもっともらしい単語使って神格化する意味は何かあるんですか?
こんな腐れた強姦魔どもを祀っている事自体が日本人として恥ずかしい思いでいっぱいです。
あいうえお | URL | 2007/08/21/Tue 18:03 [EDIT]
あいうえお氏へ。

私はウヨクが左派(サヨクに非ず)のフリをして極端な意見を述べ、一般人と左派との間に亀裂を生じさせる姑息な工作活動に警戒しているだけです。

それで、善も悪も無いというのは正当化ですか。
非難しなければ賛美になるのですか。
では貴方の論調も世の中は非難と賛美の2つしかないと言うことですね。
それと私がいつどこで英霊と言う言葉を使いましたか?まず引用してください。
私は英霊と言う言葉があまり好きではないので避けているつもりなんですが。
引用お願いします。
もし出来ないらなら嘘はつかないでください。

私は彼らを非難する気はないし、賛美もしない。何故なら戦争という極限状況下ではいかなる事も起こりうるからです。
日本兵が乱暴狼藉を働いたのは事実です。
しかしそれは米兵も同じです。ソ連兵も、ドイツ兵も、中国兵も、極限状況ではどんな事だってやります。それを特定の一民族の問題に矮小化して、日本だけが悪(逆にいえば他の国は正義と言う事になる)とした所で何の問題解決になりますか?日本人が絶滅したら世界は永遠の平和に包まれるとでも仰るつもりですか?その論拠を示してください。

貴方の論調に賛同する人が一体どのくらいいるのかは判りませんが、そのような言論弾圧的な物言いはウヨクの手口と全く同じです。
かきくけこ | URL | 2007/08/21/Tue 20:45 [EDIT]
あいうえおさんは
>腐れた民族
っていう表現をする時点でもう馬脚を現しているという気はしますけどね。
| URL | 2007/08/22/Wed 02:32 [EDIT]
みなさんコメどうもっす。


ほっと一息さんへ
前にも書きましたが、アメリカの落とした原爆も日本軍がやった虐殺も同じように非人道的な犯罪行為だと思いますよ。だからといって日本のやった侵略戦争を正当化しようなんて思ってませんけどね。それと、天皇陛下の戦争責任についてですが、あったかなかったかと言われれば、フィリピン陥落後の、「もう一度戦果を挙げてからのほうがいいのではないか。」発言などを考えるとあったと思います。ただ、戦中は軍部にダマされていた面もあるわけで、戦後はその反省の上での発言や行動をしてきたように見えるんですよね。ですから責任を追及しようとかは考えたことありません。
あと、「矛盾」というが、どこらへんに生じてるのかちょっとよくわかりません。



あいうえおさんへ
ヘタな釣りですが、一度だけ釣られてみます。

>英霊だとかもっともらしい単語使って神格化する意味は何かあるんですか?

かきくけこさんじゃないですが、タイトルで使ったんで答えときますね。神格化するつもりはありません。ですから当然意味もありません。
やっしゃん | URL | 2007/08/22/Wed 05:50 [EDIT]
やっしゃんへ
やっしゃんは、にお聞きしたいのですが、
①第二次世界大戦時の日本は悪かったとする見解ですか?

②それとも原爆を落とすほど、悪くなかったし、落とさないでも他に降伏させる方法があったのではないか?この場合その方法を提示して下さい。

③悪かったどころではない、一分の利もない凶悪犯で、原爆を落とすしか   他に降伏させる手立てはなかった。

この「悪い」の定義は、日本が調印した不戦条約や国際連盟規約や当時の国際通念などに照らしてです。
その認識しだいで、矛盾するか否かが変わりますので・・・
私はやっしゃんは③だと思い込んでいたようでですので、改めてお聞きしたいのです。

又当時のトルーマンアメリカをどのような国だったと位置づけてますか?

侵略被害国それとも侵略国それとも世界の警察それとも仲を取り持つ国?
これも勝手に世界の正義の警察で、2国間の仲を取り持つ国と考えていらっしゃるとして、コメントしていましたので、お聞かせください。

人道的か否かは主観的なのでなんとも言えませんが、
言えるのは、同じ殺人や残虐行為でいうなら
①加害者から被害者への行為なら確実に加害者が非人道的だとなるでしょう
②被害者が加害者に行った場合、正当防衛も考えられるので確実に非人道とはいえないのですが

③中を取り持とうとした人や警察への加害者による行為なら、加害者は確実に非人道的行為と言えると思います。


天皇の戦争責任を、
やっしゃんが「ある」とするなら、靖国問題に主犯(軍・政府)と共犯(天皇)や国民(当時参政権のあった者)・・つまり戦争犯罪者は、自分の意向など言える立場ではないとする所にいないと

やっしゃんの、富田メモ肯定する立場(櫻井よしこ批判)は、戦争犯罪者である天皇の味方となってしまい、日本は悪くなかった派になってしまうので、矛盾が生じますよ。と申しているのです。

例えば、分裂した「つくる会」のどちらかを批判すれば、つくる会の思想である「日本の戦争責任否定派」になってしまうという事です。
ほっと一息 | URL | 2007/08/22/Wed 23:00 [EDIT]
>②それとも原爆を落とすほど、悪くなかったし、落とさないでも他に降伏させ>る方法があったのではないか?この場合その方法を提示して下さい。

すごく難しい問題ですね、これ。
今だに専門家の間でも意見割れてますし。
こういう意見もありますが。
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-03X701.html

国際司法裁判所では、「自衛の極限状況においては違法ではない」みたいな勧告意見でてますけど、自衛の極限状況って何?て話にもなります。
個人的には、既にほとんどの都市機能が壊滅状態だった日本で2発も落としたのは、どさくさにまぎれの実験としか思えないけど。
マクナマラの著書なんかでそのへんは詳しいようですが。
浪人 | URL | 2007/08/23/Thu 01:30 [EDIT]
ほっと一息さんへ
ブラウザーによっては◯付き数字がまったく表示されませんよ。
◯付き数字・文字は相手のOSやブラウザの環境によって表示されなかったり文字化けするので使用は控えたほうがいいですよ。

コメントへの返事は後で書きますね。
やっしゃん | URL | 2007/08/23/Thu 11:16 [EDIT]
ほっと一息さんへ

>第二次世界大戦時の日本は悪かったとする見解ですか?

はい、そうですよ。大きな意味では、枢軸国側のファシズムに対し、連合国側の民主主義との戦いなわけで、プラス中国などで日本は利権獲得のために、あまりにもやり過ぎたと思うからです。まぁ、他にも理由はありますが、メンドイのでこれ以上は書きません。ただ、善か悪かといった二元論で悪と決めることに意味があるのかなぁ、というのが正直なところですかねぇ。

>それとも原爆を落とすほど、悪くなかったし、落とさないでも他に降伏させる方法があったのではないか?この場合その方法を提示して下さい。

悪い国だから原爆を落として良いことにはならないと思います。日本の降伏は時間の問題だったのに、なぜ、アメリカが原爆を落としたのか。
理由は、日本の降伏を早めるためでなくソ連の日本占領を防ぐためで、終戦ごろにはすでにアメリカとソ連の対立は始まっていました。それと、「木戸幸一日記」によると原爆投下よりソ連参戦のほうが日本支配層の衝撃は大きかったそうです。

>やっしゃんの、富田メモ肯定する立場(櫻井よしこ批判)は、戦争犯罪者である天皇の味方となってしまい、日本は悪くなかった派になってしまうので、矛盾が生じますよ。と申しているのです。

自分は、別に陛下の味方をするつもりも敵になるつもりもありませんよ。ですから、陛下の言葉を借りて、A級戦犯分祀論を唱えるつもりは毛頭ないという立場です。それは過去エントリーでも書いています。
こちら→http://dj19.blog86.fc2.com/blog-entry-57.html
富田メモ以前に、陛下の参拝中止がA級戦犯にあったことは調べればわかることなのに、「中国韓国外圧のせいで陛下の参拝が中止されたのだ!陛下が安心して参拝できるよう外圧には屈するな!」と陛下を利用した運動をしていた櫻井よし子など右派言論人のデマに呆れているだけですよ。
やっしゃん | URL | 2007/08/23/Thu 21:23 [EDIT]
浪人さんへ
あなたは、日本被害者意識の立場いたら東京裁判やポツダム宣言、河野談話などは腹立たしく、苦しいのではありませんか?

それをきちんと納得したければ、まずアメリカが対日参戦したあたりを調べてみたらいかがでしょうか?
ヒントはハルノートです。

ただし、世界がが第一次世界大戦以降、その反省をもって侵略非拡散の方向に向かっていたのに、日本はそれとは逆に向かって行ていたことはご存知との前提ですが・・・しかも姑息な手段をつかってです。
1940年八紘一宇を内閣決議やパリ不戦条約や柳条湖事件などからわかりますよ。

それから、日本がポツダム宣言をうけてから戦争終結に至るまでの経緯を御前会議や内閣決議・最高戦争指導会議などから調べてはいかがでしょう。
ヒントは8月8日の天皇の降伏決定理由と9日の聖断(天皇の決意表明)

それから、日本国民からマッカーサーに感謝の手紙が何千通も来た事や
病院通いしていた被爆者の「あのまま戦争を続けていたら、日本民族は消滅していただろう。
学徒出陣や特攻隊やらで、日本の生殖機能を持つ男子はいなくなったろうからね、
そしてアメリカはわたしら市民を狙ったんじゃないことは解ってる。それは飛行機と船の軍器工場である長崎と広島に落とした事、また落とす前に
「日本良い国神の国、8月9日灰の国」」という市民にそれとなく知らせるチラシを落としてくれたからね」

原爆投下を肯定している政治家が長崎出身であること(本島市長、久間大臣)
今だに、強制連行されて被爆した人達は被爆者名簿の載せてない日本

拉致被害には抗議するが、従軍慰安婦強制は最高裁や河野談話や東京裁判で認めているのに、日本の首相が否定する日本

それから、あなたがトルーマン大統領だったらどうするかも考えてみてはいかかがでしょう。
硫黄島決戦で、自国の犠牲が明らかになったらことからみて、「本土決戦を覚悟している」と声明放送をしている日本(一億総穴居で頑張る決意)と戦って、米軍死傷者は7万5000~10万人と試算報告を受けた時、あなたは自国の犠牲をこれ以上出したくないとは思いませんか?

8月4日アメリカからの最後の降伏を促す勧告も黙殺

日本との不可侵条約期限内なのに、破って対日参戦するような卑怯な国をのさばらせない為にもなるのですから・・・
日本がソ連の統治下になっていたらなんて考えると恐ろしいーなんて考えたことないですか?

そんな事を総合して2でいいのか判断したらいいのでは?

私はあくまでも、現在の核兵器は当時の何千万倍の威力で、今度核戦争が起きると人類が滅亡する核拡散には反対ですので、誤解しないで下さい。

戦後一度も核兵器を使ってないアメリカより、麻生や中川昭一の方がよっぽど怖いと私は思うのですが・・・・








ほっと一息 | URL | 2007/08/24/Fri 00:45 [EDIT]
やっしゃんへ
○番号の件承知しました。上から1,2,3です。

それで2だということですよね。
そうですと、他に降伏させる方法はなんでしょうか?”一億総穴居で頑張る”の本土決戦ですよね。
これをやっていたら、日本民族は消滅したと予測されますが・・・
特攻や学徒出陣までやりだしていたので、生殖機能を持つ男子はいなくなりましたからね。

トルーマンの胸の内は推し量れないけど、私がトルーマンだったら自国の兵士の犠牲も無く、卑怯なソ連を抑止にもなるし、
ましてやインドの権益をめぐってイギリスと日本に中立案を提示していたら、拒否してすぐイギリスではなくアメリカに奇襲攻撃(真珠湾)されたら、そりゃー感情的に許せないと思いますよ。
(インドは日本が侵略してきた時、イギリスと一緒に戦っています。)

>善か悪かといった二元論で悪と決めることに意味があるのかなぁ、というのが正直なところですかねぇ<

二元論ではありません。3に凶悪も提示してます。
意味はあるのではないでしょうか?
それがなければ、裁判など成り立たないのではないでしょうか?
やっしゃんのいう非人道的とはでは悪の表現ではなかったのでしょうか?

私は、日本の法律は弱者保護の観点から成立していますから、主に違法か否かが善悪の判断基準ですが・・・

>自分は、別に陛下の見方をするつもりも敵になるつもりもありませんよ<
天皇に戦争責任があるとするなら、敵にならなくちゃ矛盾しますよ。

天皇は「もう一度戦果をあげてからでないとなかなか話は難しいと思う」として、近衛の戦争終結の進言を拒否したり

8月8日天皇は「このような武器(8月6日の広島原爆)が使用される以上、戦争継続はいよいよ不可能となった。有利な条件を得ようとして戦争終結の時機を逸することは良くないと思う、条件を相談してもまとまらないとおもうから、なるべく早く戦争の終結をみるようにとり運ぶことを希望する」半籐一利書「聖断」より
などかなり決定権があったのですからね。

私は、天皇の戦争責任をA級戦犯を100とするなら50との見解です。
マイナス50は天皇の継承が世襲制だったことかな・・・
それと、侵略を戦争の目的と閣議決定しておきながら東京裁判では自衛だと嘘をつき、自分だけ助かろうとしたA級戦犯と違って
「自分はどうなってもいいから国民を助けてくれ」とマッカーサーに頼んだとマッカーサーの回顧録に記してあったそうなので(諸説あるけど)そのイサギ良さをかってのことです。

>それと、「木戸幸一日記」によると原爆投下よりソ連参戦のほうが日本支配層の衝撃は大きかったそうです。<

上記のように、天皇は原爆だっただったようですよ。
8月9日のソ連参戦放送を聴いてまたまた驚いたみたいだけど・・・









ほっと一息 | URL | 2007/08/24/Fri 04:30 [EDIT]
ほっと一息さんの意見に関しては、あれだけ軍部と一緒になって戦争を煽りまくった朝日新聞に対する戦争責任が全く触れられていない点で、何か大きな違和感を感じざるおえない。
天皇が未だに裁かれていない事を嘆くなら、未だにかの新聞が廃刊にならず、ある国で現在進行中の民族浄化すらも賛美している事も嘆かねばならない。

>米軍死傷者は7万5000~10万人
それは田中芳樹の小説か三国志かと言うような戦い方をした場合に予想される数値ですね。実際には戦略爆撃を続行すれば遠からず降伏せざるおえない状況になっていました・・・が、ソ連の参戦であせったのでしょう。

ただし、ソ連の海上輸送能力のお粗末さは占守島で実証済みですし、航空機も概して航続距離が短い&渡洋爆撃のノウハウが無いので、俗説で言われるように短期間で北海道を占領できるかどうかは微妙です。
| URL | 2007/08/24/Fri 14:35 [EDIT]
ほっと一息さんへ

http://www.youtube.com/watch?v=W886oEEwPwg

こんなんもあるので、原爆落としてなきゃ降伏してなかったんじゃないか?なんてこと考えると正当化もできなくはないですね。
それといろいろ歴史的な当時の事情等を詳しく知っているようで、当時の細々としたことを列挙していったらどっちにも転がりようがある問題だと感じます。
んで、当時の支配者の立場で考えてみたらどうかって意見をよく見かけますけど、そんなことわかるわけがない、というのが自身の考えです。
だからって思考停止させずに過去を省みるのは大切ですが、その場合自身の主張したい意見によって都合の良いようにしか解釈をしないのが人間じゃないかって思ってます(きりがないってのがネット上の議論を見てきた感想です)。

ただそれもこれも一般国民からかけ離れた支配者からの立場からのものばっかり。
実際に後世にまで被害を受けている人間を目の前にして(ベトナムの枯葉剤とかもそうですけど)正当化できるかっていう極めて個人的な問題で私は考えてます。
被爆者も何も同じことを復讐としてアメリカにしたい、とは思ってないでしょう。
ただ、原爆の正当性を絶対的なこととすることに将来の危惧を感じているのでは、と。

それと私は東京裁判、ポツダム宣言、河野談話等を腹立たしく思ってはいません。
被支配国である中国、韓国その国民に対しての日本の行為等を正当化するつもりもないですし、死者を選別している靖国にも思い入れは皆無です。
一方で、同じようなことをしてきた戦勝国である欧米国にも思い入れもありません。
なのでナチスと同視するようなことを言う欧米国の意見には賛同できません。
ただ、被支配国であったアジア諸国に「おまえの国も〇〇でひどいことをしてるだろ」ってことを言う資格が日本にあるとも思ってないです(それは実際に被害にあった国々が言うことであるから)。
浪人 | URL | 2007/08/25/Sat 00:43 [EDIT]
>ただ、被支配国であったアジア諸国に「おまえの国も〇〇でひどいことをしてるだろ」ってことを言う資格が日本にあるとも思ってないです(それは実際に被害にあった国々が言うことであるから)。

では元寇の役で、元帝国と連合を組んで日本に攻め込んできた国々は日本に対して文句を言えないと言う事になります。
被害にあった国が言うというのはレトリックもいい所でしょう。完全に弾圧された状態で何を言えるというのでしょうか。民族が絶滅すれば何もいえません。
それとも言わさない為に浄化し、浄化完了まで「被害にあった国が」と耳を塞ぎ続ける気でしょうか。歴史を紐解けばどの国も支配されたりしたりの繰り返しであり、それをして資格だなんだと言うとそれこそ永久ループに陥るだけですが、故意にやられているのですか?

あと反省する事と、何されても仕方がないと言うのは全然別です。
国際法に照らし合わせておかしい事には講義すべきだし、そうでないことなら話し合い、謝るべきは誤る。それが文明人と言う物です。
父親の悪事のせいで息子が仇討ちで斬殺されても当然、そんな中世みたいな世の中ではないと思います。
| URL | 2007/08/25/Sat 02:16 [EDIT]
ほっと一息さんへ
長文の返事を書いたんですが、こちらのミスで消えてしまいました。ですから簡単に書かせてもらいます。

>それで2だということですよね。

いえいえ、1、2、3なら1です。

>上記のように、天皇は原爆だっただったようですよ。

経緯
1945年4月、連合国軍は沖縄に上陸、小磯内閣は総辞職し、
代わって元侍従長で海軍大将の鈴木貫太郎が首相となりました。
昭和天皇はこの時点では、
1度日本軍が戦果を挙げて、その機に和平交渉に入るという考えにまだ固執していました。
天皇がようやく重い腰を上げるのは、5月にドイツが無条件降伏してからで、
6月22日の御前会議で、終戦工作をただちに行う意思を示し、
会議はソ連を仲介とした和平交渉の開始を決定しました。

しかし、ソ連はすでに連合国と対日参戦を約束しており、日ソ交渉は停滞、
7月17日、米英中3国は日本の無条件降伏を要求したポツダム宣言を発表します。
日本政府は当初これを「黙殺」します。
8月6日、広島への原爆投下
8日、午後11時ソ連が戦線布告
9日、昭和天皇は、木戸幸一内大臣に謁見し、「本日よりソ連と交戦状態に入った。戦局の収集につき急速に研究、決定の必要があると思う。首相と十分に懇談して欲しい」旨申し渡した。(木戸幸一日記より)
この話しをうけ会議がただちに開かれた。論議はまとまらず白熱しているうちにも長崎への原爆投下の報が伝えられ、何ら結論を出せぬまま会議は中止となった。
10日、閣議でポツダム宣言の受諾が承認
(以下略)

まぁ、自分の読んだ本ではソ連参戦が大きかったと書いてあったわけですが、見方によれば原爆のような気もしますし、真相は闇の中なんじゃないでしょうか。


あっ、あと
浪人さんの
>思考停止させずに過去を省みるのは大切ですが、その場合自身の主張したい意見によって都合の良いようにしか解釈をしないのが人間じゃないかって思ってます(きりがないってのがネット上の議論を見てきた感想です)。



名無しさんの
>あと反省する事と、何されても仕方がないと言うのは全然別です。
国際法に照らし合わせておかしい事には講義すべきだし、そうでないことなら話し合い、謝るべきは誤る。それが文明人と言う物です。

という意見には賛成です。
なんか話しも逸れたんでこれで最後にします。
ではでは
やっしゃん | URL | 2007/08/25/Sat 07:27 [EDIT]
遅まきながら動画みました
ご無沙汰しております。以前に集団自決に関するエントリーでコメントさせていただいた者です。あのときは怒りのせいか感情的になっていて失礼しました。
動画を拝見しました。
署名活動するな、とは言いませんが、予想以上の醜態にビックリしました。

特に、戦争を体験したかもしれないようなお年寄りに向かって、集団で罵詈雑言を浴びせる・・・
・・・とても英霊を敬っているような人たちには見えません。

しかもその映像を悪びれもせず得意気にUpするとは、厚顔無恥としか言いようがありません。

また、日本の戦争責任を全く追及しようとせず、むしろ正当化しようと躍起になっているのに、他国の責任だけは人一倍追及し外国人を罵るというのは、どういう精神構造のなせる業なんでしょうか?

まさに「日本の恥」。
まあ、どこの国でもこういった人たちが存在するのでしょうが、こういった人たちは国籍を異にすることで「同病相憐れむ」ならず「同病相憎む」となってしまうのが滑稽ではあります。

最後に、あのお年寄りの方が気の毒でなりませんでした。きっと終生忘れられない不快な思い出となってしまったことでしょう。
ねむり猫 | URL | 2007/08/25/Sat 23:04 [EDIT]
>では元寇の役で、元帝国と連合を組んで日本に攻め込んできた国々は>日本に対して文句を言えないと言う事になります。
>被害にあった国が言うというのはレトリックもいい所でしょう。完全に弾圧さ>れた状態で何を言えるというのでしょうか。民族が絶滅すれば何もいえませ>ん。
>それとも言わさない為に浄化し、浄化完了まで「被害にあった国が」と耳を>塞ぎ続ける気でしょうか。歴史を紐解けばどの国も支配されたりしたりの繰>り返しであり、それをして資格だなんだと言うとそれこそ永久ループに陥るだ>けですが、故意にやられているのですか?

元寇の役にまで遡りますか。
国際法なんて皆無の時代において、絶滅云々について話すのはもう想像することも及びません。
それを理解するなど、それこそ現代人の思い上がりも甚だしい、なんて考えますけど(というか国家という概念さえって感じですが)。
残酷だったなぁ、とかひどい時代だったなぁって感想以外ないですよ(ただし、過去は必ずしも現代より劣っていたとは考えてはいないですが)。
それを克服するために法の支配に代表される英知とやらを人間は作ってきたわけで、だからこそ核兵器使用の合法性の勧告意見に触れて、現在でさえ答えを出すのが難しいと言ったわけです。
都合の良いように解釈されたり使われたりするから資格と言ったまでです。
保守系の人が中国を批判するときにチベットの問題やら、韓国の場合はベトナムの問題とか出してきますよね?
それを批判するには日本がまずは過去の被支配国に対して襟を正さねばならない、そうでなければあなたの言うようにループになるってことです(これはニュルンベルク裁判での生き残ったナチス党員の戦勝国批判にも同じようなことが言えますが)。

>あと反省する事と、何されても仕方がないと言うのは全然別です。
>国際法に照らし合わせておかしい事には講義すべきだし、そうでないことな>ら話し合い、謝るべきは誤る。それが文明人と言う物です。
>父親の悪事のせいで息子が仇討ちで斬殺されても当然、そんな中世みた>いな世の中ではないと思います。

これについては、そのまんまマクナマラが言っていたことに私は賛同しています。
当時の情勢においての政策や判断は何ら法等には違反していないものがある、だからそれらについては謝罪等をすることに抵抗がある(当事者ならともかく子孫が知ることは必要であるが、それこそループになりますから)。
しかし、現在から考えれば正しいこととは決していえないことについては、過ちと認める、つまり間違っていた、と。
そのことで同じことを繰り返すことを避けることができる、つまり教訓とする。
これをもし過去を正当化してしまえば、仕方がなかった、とするだけでしょう(よりよい未来を目指すためのものが何も生まれず、そして同じことを繰り返す)。
そして国際法に照らしてもまだまだ答えさえ出せない部分がある、ということを知って考えていかねばならない、と(これは国際法の性質上そうならざるをえない部分もあるのですが)。
浪人 | URL | 2007/08/26/Sun 05:00 [EDIT]
浪人様へ
>元寇の役にまで遡りますか。
国際法なんて皆無の時代において、絶滅云々について話すのはもう想像することも及びません。
それを理解するなど、それこそ現代人の思い上がりも甚だしい、なんて考えますけど(というか国家という概念さえって感じですが)。

それは貴方個人の印象論でありませんよね?
別に私も本気で言っている訳じゃないが、資格などという言葉を出すから歴史を勉強してくださいと言ったまでです。

>保守系の人が中国を批判するときにチベットの問題やら、韓国の場合はベトナムの問題とか出してきますよね?

ほう。虐殺行為に対する所感に保守云々が関係ある訳ですか。では革新の貴方は虐殺行為に「地球市民」の視点でどう思われているのか気になりますね。虐殺が捏造、あるいは厳しい階級制度からの解放だと仰るなら是非その論拠が知りたい。

>それを批判するには日本がまずは過去の被支配国に対して襟を正さねばならない、そうでなければあなたの言うようにループになるってことです(これはニュルンベルク裁判での生き残ったナチス党員の戦勝国批判にも同じようなことが言えますが)。

ちなみに私は米軍のファルージャ掃討戦も虐殺としか思っていませんし、ベトナムでの米軍の所業も同様です。ロシアのアフガンやチェチェンに対する行為もまた然り。それを「保守が中国や韓国」とまるで前提ありき、答えありきな設定を作り上げてその中に誘導しようとする意図が判りません。
そもそもべ平連を引き合いだすまでも無く、「襟も正していない国の国民」が既に過去に自分から奇襲攻撃を仕掛けた国を批判しているじゃないですか。それに関してはどうお考えなのでしょうかね。
あと以前に「襟を正す」と言う言葉は交通事故の事故処理時に良く出てくる「誠意を見せろ」並に胡散臭い言葉ですから、具体的に言って欲しいです。
どの施設を閉鎖しろ、●●ドル賠償しろ、など。そして当事者がその通りにすれば以後は公式には一切蒸し返さないのが近代の法というものです。

>これをもし過去を正当化してしまえば、仕方がなかった、とするだけでしょう(よりよい未来を目指すためのものが何も生まれず、そして同じことを繰り返す)。

私の発言のどの辺りが正当化なんでしょうかね。引用お願いします。
強制連行があったから拉致も仕方ないという人が上の方にいましたが、そうやって何でも結びつけるのはいかがな物か、それこそ元寇の役ではありませんが、無限連鎖に陥るだけではありませんか?
教訓にするならこそ、我が国と同じ過ちを犯してはならないと徹底的に講義すべきではありませんか?

名前が無くてごめんなさい | URL | 2007/08/26/Sun 11:07 [EDIT]
やっしゃんへ
>なんか話しも逸れたんでこれで最後にします<
原爆がいかに日本の降伏決意に影響したかの判断基準になるんですから、終りにしないで・・・

8日、午後11時ソ連が戦線布告ではなく
「聖断と鈴木貫太郎(首相)」半籐 一利著よると
9日の午前3時に鈴木首相に外海外局長から知らせがあり、午前9時15分に首相が天皇に報告し、午前10時10分に天皇は木戸内大臣に面談した・・・と記してありますので、
ソ連参戦を天皇が知ったのは、8日の原爆(6日)による「無条件降伏決意」
の後になります。
9日午前11時御前会議での天皇の「涙をのんでポツダム宣言受諾の賛成する」発言はソ連参戦がダメ押しだったと考えられます。

でも「おいしんぼ」の漫画を描い雁屋哲著「日本人と天皇」には
天皇は原爆が2発落とされても終戦の決意をしなかったが、米軍に三種の神器を奪われかもしれないと気ずいたとたん終戦を決意したと「昭和天皇独白録」に記してあると言ってます。

>いえいえ、1、2、3なら1です。<
もしそうなら、記事による歴史修正者への批難度合いとはずいぶんかけ離れているようにおもいますが・・・なぜなら

やすらかにおねむりください
あやまちはにどとくりかえしませんから。

こういう言葉が広島の慰霊碑にきざまれ、右翼からよく攻撃を受けるという。原爆を落としたのは米国なのになぜ、(おれたちの)あやまち、なのか?と

私は1・2・3をこれを基準にしました。
1、日本悪 アメリカ悪
2、日本凶悪 アメリカ正・できたら本土決戦で降伏
3 日本凶悪 アメリカ最善
の意味ですが、極右翼から右翼を日本最善・正、アメリカ凶悪・悪の次が1、ですので、(久間さんは3弱です)かなりやっしゃんは、右翼的になってしまいます。
私は、3強です。
(ちなみに、あの天皇信者の秦センセは3弱です、日本に一分の利はなく、原爆は落とされて当然派でから・・・)

アメリカが原子爆弾製造を決意した理由をご存知ですか?
1939年8月2日付けでアインシュタインは、ルーズベルト米大統領に手紙を出した。ウランの核分裂による恐るべき爆弾の予言、ドイツで研究開発が行われているという警告。ルーズベルトの原子爆弾製造を決意させたと言われる手紙である。1945年7月16日、米国ニューメキシコ州に巨大な火の球、そしてきのこ雲が上がった。史上初の核の爆発であった。

ドイツが原爆を先に開発して、旧日本・イタリア・ソ連はもちろんドイツに付きますので、このメンバーで世界が統制されたらと考えてみたらいかがですか?

日本の戦争の目的は八紘一宇(天皇を中心とした世界をつくる)ですから、最終的にヒットラードイツと戦ったでしょう。世界や日本は、どんな惨事になっていたかと思うと恐ろしくないですか?
ほっと一息 | URL | 2007/08/27/Mon 15:08 [EDIT]
横から申し訳ありませんが、

>ドイツが原爆を先に開発して、旧日本・イタリア・ソ連はもちろんドイツに付きますので、このメンバーで世界が統制されたらと考えてみたらいかがですか?

「ソ連がもちろんドイツに付く」根拠は何ですか?ナチもソ連もマルクス主義の分派みたいなものですが、この手の分派というのは実は一番水と油なのは最近のイスラム世界での対立を見るまでも無く明らかな事ですが。

次にドイツが原爆の開発をしていた話ですが、シュペーアの記録によるとヒトラーは原爆に対してほぼ無関心でした。
かの国はジェット戦闘機を開発してもヒトラーの命令で爆撃用としてしか生産を許可されなかったり、自動小銃を開発してもヒトラーの生産停止命令で生産ラインが消滅寸前になったり、そうかと思えば僅かな坂道を登っただけでコイルが焼けきれる電動戦車を総統肝いりで開発したりと、国家戦略とは無縁な国です。歴史的事実として、開発命令をヒトラーが出さなかったのですから、そこから先は仮想戦記の世界です。

続いてイタリアですが、ドイツが原爆に関心を示したのが1942年。オットー・ハーンとヴェルナー・ハイゼンベルクがそれに対して「2年後には管制するだろう」と解答した事実がありますが、仮想戦記的に考えて、総統が開発命令を出したとしても、試作品の完成が1944年。核実験の後実戦配備となると1945年までずれ込む可能性が高い。
つまり、実戦配備の頃には既にイタリアは降伏して連合国側に付いていますね。残念ながら。

そして何よりも大きな問題として、ドイツには戦略爆撃機と呼べる様な、1t以上の原爆を抱えて長距離飛行の出来る四発重爆は終戦まで存在しませんでした。いくら原爆を持っても、アメリカまでそれを抱えて飛んで行けない以上何の恫喝にもなりません。ドイツが手も足も出ない遥かかなたから逆に原爆を落とされてジ・エンドです。


>このメンバーで世界が統制されたらと考えてみたらいかがですか?

想定があまりにもありえなさ過ぎて、考える事があまりに困難です。火星人襲来シナリオとどっこい位にSFですね。
名前が無くてごめんなさい | URL | 2007/08/27/Mon 17:05 [EDIT]
>それは貴方個人の印象論でありませんよね?
別に私も本気で言っている訳じゃないが、資格などという言葉を出すから歴史を勉強してくださいと言ったまでです。

資格と言うのに歴史の勉強?
非人道的なことを堂々とやってる国が、他国の非人道的な行為を自分のしていることを棚にあげて非難する資格ってあると思いますか?
それはないって私は言いたいんですよ。

>ほう。虐殺行為に対する所感に保守云々が関係ある訳ですか。では革新の貴方は虐殺行為に「地球市民」の視点でどう思われているのか気になりますね。虐殺が捏造、あるいは厳しい階級制度からの解放だと仰るなら是非その論拠が知りたい

そんなことを私が言っただろうか?
ネット上でよく見るんですよ、強制労働等を否定する人々が、チベットで行われる行為やらベトナム戦争での非人道的行為を非難するのを。
保守って言ったのは大きすぎて、語弊があったかもしれませんが。

>そもそもべ平連を引き合いだすまでも無く、「襟も正していない国の国民」が既に過去に自分から奇襲攻撃を仕掛けた国を批判しているじゃないですか。それに関してはどうお考えなのでしょうかね。
あと以前に「襟を正す」と言う言葉は交通事故の事故処理時に良く出てくる「誠意を見せろ」並に胡散臭い言葉ですから、具体的に言って欲しいです。
どの施設を閉鎖しろ、●●ドル賠償しろ、など。そして当事者がその通りにすれば以後は公式には一切蒸し返さないのが近代の法というものです。

奇襲攻撃を仕掛け、都市機能がほぼ壊滅するほどにボロボロにされましたよね?そのうえさらに、2発も原爆を落とすことが必要であったとは思わないって言ってるんですよ。
バランスですよ、何事も。
「ブラックブック」て映画が興味深かったですが、ナチスに関わった人々に対して戦勝国民が報復として非人道的行為をする。
いわゆる目には目をってことがテーマになってるんですが、それじゃナチスと一緒じゃんってこと。
「襟を正す」ってのは、被支配国の叫びを汲み取って政府は何らかの処置をとることでしょうね。
当時自国民、搾取されることしかできなかった人々に対しては、軍人一般人わけ隔てなく給付等をするってことでしょう。
そして、戦争捕虜裁判等で現在争われてる弁護士がこれは言っていたことですが、「彼らはお金目的ではなく、政府に過去過ちを犯したとを何らかの文書であらわして欲しい、そのことで何よりも名誉を回復したがっている」だそうです。
全部が全部そうじゃないかもしれませんが、あくまでも原告の主張が軸になることでしょう。

>私の発言のどの辺りが正当化なんでしょうかね。引用お願いします。
強制連行があったから拉致も仕方ないという人が上の方にいましたが、そうやって何でも結びつけるのはいかがな物か、それこそ元寇の役ではありませんが、無限連鎖に陥るだけではありませんか?
教訓にするならこそ、我が国と同じ過ちを犯してはならないと徹底的に講義すべきではありませんか?

まさにその通りです。
私はあなたが正当化しているっていったわけじゃないです、文脈の中で必要と思ったから正当化しようとしている人々に対して出てしまっただけです。
原爆にも同じことが言えるんじゃないかってのがそもそもの出発点ですから。
浪人 | URL | 2007/08/27/Mon 17:23 [EDIT]
名無しさん、浪人さん
名前が無くてごめんなさい さん
>「ソ連がもちろんドイツに付く」根拠は何ですか?<
当時のソ連はこずるいからですよ。日本と不可侵条約期限内なのに、日本に8月9日に宣戦布告し、どさくさにまぎれて日本の半分統括をアメリカに要求するような国だからですよ。
余談ですが・・
つくる会会長の西岡勝信は当初共産党員だったんだけど、父親にソ連は「ずるく信用おけない国」だと言われ、今度は極右になったんだって・・・

で・いま分裂した八木秀次が「藤岡が元共産党員だった」とするチラシをまいたことを、名誉棄損で訴えたら、八木が「意味不明」と反論して、泥沼状態

>国際法に照らし合わせておかしい事には講義すべきだし、そうでないことなら話し合い、謝るべきは誤る。それが文明人と言う物です。<

ですから1928年に第一次世界大戦の反省をもとにできたパリ不戦条約(侵略戦争は違法)に締結しておきながら、侵略し、アメリカ(ドクトリン)が条約国に「条約守れ」通告を出し、中国はもちろん、イギリスなどヨーロッパ諸国も消極的ながら賛成したのに、認識不足だとして拒絶した国はどこですか?

また国際連盟の常任理事国なのに、謀略(柳条湖事件)をもっ侵略戦争をし、国連のリットン調査団から侵略と判定され、42カ国の全員一致(シャムは放棄)で「違法だから、撤退しろと」の判決にも不服として、国連を真っ先に脱退したのはどこの国ですか?

その後、仏領インド侵略で仏との争いに、アメリカが中立案(ハルノート)を提示したのに、拒否してすぐ、なんと仲介役のアメリカの真珠湾に、しかも奇襲攻撃をかけたのは、どこの国ですか?「ニイタカヤマノボレ」事件と私が勝手に名づけてます。

*当時、国策の決定権がない上に、言論統制されたいた新聞社を、決定権や発言権をもった天皇と同レベルにして、反論するのはやめようね。

>父親の悪事のせいで息子が仇討ちで斬殺されても当然、そんな中世みたいな世の中ではないと思います<
これを徹底したいなら、あなたは中卒で自立し、親の負の遺産を受け継がない代わりに有財産も貰わない覚悟でいなくてはね。

それを極力なくす為に、連合国は不戦条約と国連規約元ずいた裁判をやった訳でしょ。立場的には、裁判などやらず感情的主観で、皆殺しにしてもよかったんですよ。
その判定に62年たっても、立証されてる史実を捏造やうそで捻じ曲げたりして、あるいは、歴史認識欠如で日本の戦争責任を否定しようとしているひとが日本の代表となっていることに、責任を有権者は感じなくてはいけないんじゃないの?
あなたが、日本の原爆被害者を憂うなら、核拡散防止条約(国際条約)や非核三原則(国会決議・・国是)を無視して日本核武装論をぶち上げた麻生や中川昭一を辞任しろ!が先ではないですか?

また日本の被爆二世の苦しみをおっしゃってるとしたら、侵略されて強制連行され、夫は軍隊に備用され(戦後東條遺族には遺族年金を給付しているのに、この方達にずいぶん長く給付されなかった。)妻子が被爆した人の苦しみを憂うのが、先ではないの?
未だ、追悼名簿にものせてもらえないんですから・・・

また、侵略されて残虐に殺されていった人達からみれば、子供をつくることが出来ただけでもうらやましいでょう。この人達に比べれば、日本の被爆2世も、この世に生を受けただけでも、有り難いと思うけど・・・

ましてや、周恩来が二分論「悪いのは極一部の主導者であり、国民はその被害者」として、戦争賠償金を放棄してくれたに、62年たっても戦争責任否定派が台頭し、感情逆なでするような言動をされる侵略被害者の苦しみは憂うのが先じゃないの?

>シュペーアの記録によるとヒトラーは原爆に対してほぼ無関心でした。<
>ドイツが原爆に関心を示したのが1942年<
人の考えや気持ちはかわるってことですね。
イドイツの飛行機の件は、当時、戦争がいつ終結するか解る人はいなかったのですから、長引けばありえた話ですよね。
結果論には、お相手出来ませんから・・・

>実戦配備の頃には既にイタリアは降伏して連合国側に付いていますね<
結果論ですね。

浪人さんへ
>その場合自身の主張したい意見によって都合の良いようにしか解釈をしないのが人間じゃないかって思ってます<
では歴史家無用論ですか?
すぐれた歴史家は、より公正・中立な立場で史実を探求します。そりゃ神様ではないのですから、多少はあるでしょうが、それすらも常に客観視し、修正するよう努めているのです、なぜなら、彼らは、そうでなくては史実が、人類の教訓になりえないと考えているからです。

また裁判官と一緒で、偏り裁判を許していると、、自分が裁かれる時にそれがふりかぶってくることを考えられるひとだからです。

優れた歴史家を知らないから、そういう投げやり的な発想に至るのではないんでしょうか?

たしか、やっしゃんも歴史のうそや捏造を訂正させる作業は、上記のような考えでやってると思うけど・・最近そうでもないのかな・・・


ほっと一息 | URL | 2007/08/28/Tue 14:57 [EDIT]
なんというか
厳然たる歴史的な結果を無視して、「可能性」で理論構築するなら、巨大隕石の落下や宇宙人の襲来、超能力も「可能性」として加味できますね。

よって、超能力を手に入れたアメリカがドイツと日本に巨大隕石を落下させ、宇宙人と軍事同盟を締結してソ連を殲滅。終了。
と言うシナリオも貴方の理屈では成立します。可能性として。
名前が無くてごめんなさい | URL | 2007/08/28/Tue 18:04 [EDIT]
連投すみません。
>イドイツの飛行機の件は、当時、戦争がいつ終結するか解る人はいなかったのですから、長引けばありえた話ですよね。

ありえません。
ドイツがアメリカやソ連並の国力のある国ならそうかも知れませんが、所詮は日本と同じく吹けば飛ぶ程度の小国。長引けば国力は疲弊し、戦略爆撃機など開発する余裕は「可能性として」もなくなります。

考えてみてくださいよ。長引けば戦線は拡大し、補給線は伸びきり、占領地ではゲリラやレジスタンスによる破壊工作が頻発し、国民の間には厭戦ムードが高まり、資源の備蓄は枯渇する。当時の日本が陥った負けパターンそのものにしかなりません。そして一度綻び生じると一気に転落していく。国力も無い国が暴力だけを頼りに長期間戦えるほど戦争は甘い物ではありません。

一度綻び始めると、航続距離を犠牲にして上昇速度だけに特化した防御用の戦闘機など、守り専用の兵器開発だけで手一杯になり、その余裕も無くなると竹槍に布団爆雷という狂気のラインナップに堕していきます。
戦略爆撃機など、開戦前から基礎研究が出来ていないと、急に作れる物ではありません。

戦争を話の俎上にあげるならば、もう少し戦史を知ってください。
戦史を知らない輩が解放の聖戦だとか寝言を垂れ流しているのを笑えませんよ。
名前が無くてごめんなさい | URL | 2007/08/28/Tue 18:27 [EDIT]
>ちなみに、外務省のHPには、極東国際軍事裁判で裁かれたA級戦犯は日本の“重大戦争犯罪人”であると書いてあるんだが。

この文言は河野談話の後に加えられたものですから。
また外務省には「チャイナスクール」と自称する媚中の一派がいるのもまた事実です。
(ここに鳳会とかを絡ませると絢爛豪華な陰謀論が浮かび上がるのですが趣味でないので事実だけ)
ちなみに「A級戦犯は今はいません」が正しいのも事実です。(復権なされた、という意味で)


>ウソつくな! 「残念」「苦々しい」東南アジア・豪も批判 靖国参拝

これについては、あなた方および韓国中国の方々の努力がやっと実ったということではないでしょうか。
これらを引き出すためにずいぶんと努力されたんでしょう。ご苦労なことです。
| URL | 2007/08/29/Wed 02:06 [EDIT]

>「チャイナスクール」「媚中」

あらあら、香ばすぃ~ウヨワードだことw

>ちなみに「A級戦犯は今はいません」が正しいのも事実です。(復権なされた、という意味で)

復権の論拠が1953年8月3日の「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」をいってるなら、単に戦犯の名誉回復を“念願”する決議がされただけ。また、A級戦犯は減刑により刑期満了で出所しただけで、BC級戦犯のような刑の執行からの解放を意味する「赦免」は行われていない。 死刑判決を受け絞首刑となった7名、終身禁錮刑及び有期禁錮刑とされ服役中に死亡した5名並びに判決前に病没した2名のA級戦犯14名に関しては、当然だが赦免も減刑も行なわれていない。そして、減刑が判決の効力に及ぼす影響力もないし、名誉回復について定めた法令等も存在しない。恩給支給のこといってるなら問題外で説明する気にもならん。だいたい、戦犯の復権をもって「戦犯はいません」という論理の飛躍が、おかしいと気付かないのか。
やっしゃん | URL | 2007/08/29/Wed 08:15 [EDIT]
すいません、自分に返事された(らしき)もの?だけにテキトーに答えていたら、一体誰がどういう考えもってるのか混乱してきました...orz

ええと...ほっと一息さんへ(でいーのかな)
歴史家の必要性ってのはもちろんあると思います。ただ、自分を含め一般国民が最低限知っておく知識を歴史家レベルにまでみんながもつ必要があるかっていうと、知れば知るほど複雑な要因が絡み合って安易に答えを出せないのが歴史だと思うので、難しいのではないのかと(一応私も外国史、といっても日本史とは無関係、を専門にしていたので、その経験からですけど)。
だからある程度は現実の裁判等の問題と見合わしてみるのも答えかなぁって思ってます。
ただ、おっしゃるように裁判も偏ってるのも事実だと思われるので、その部分には歴史家からの意見ってのも尊重するべきなんでしょうね。
もちろん、歴史家は自分自身の関心から研究するってのもあるでしょうが、社会的意義としての教訓を得るために研究を続けてもほしいと個人的には思っています。
そこで、優れた歴史家ってのを是非教えて欲しいです。
私が読んだことがあるのは、歴史家によるものかはわかりませんが、太平洋戦争時の日本の官僚組織の機能不全等から客観的に善悪判断をできるだけ避けて、敗戦原因を説明したものとかがありますけど(戦後もそれが生かされていないことで今に続く不祥事等の問題と絡んでると思われることなど)。
浪人 | URL | 2007/08/29/Wed 10:12 [EDIT]
名前がなくてごめんなさいさんへ
>戦史を知らない輩が解放の聖戦だとか寝言を垂れ流しているのを笑えませんよ<

寝言を垂れ流す・・・このような表現をなさる方との論議は私的には、OUTなので、今後一切関わるつもりはございません。

最後に予想も付かない展開になった戦史は、いくつかしってますよ。
ドイツとソ連が組めば、知恵と資源の合体という展開もなきにしもあらず・・・
ほっと一息 | URL | 2007/08/29/Wed 12:28 [EDIT]
私もそれが良いと思います
ほっと一息さん

まあ、やっしゃんさんのブログで勝手に議論するのも失礼ですし、何よりも仮定の上に仮定を積み重ねて、仮想の理論構築をされ、可能性がゼロじゃない以上何が起こっても不思議ではないと言わんばかりの物言いをされる方と延々話すのも私的にもoutなので、ここでやめましょう。
ブログ主さんに誘導的な質問して右傾化しているとかレッテルを貼られていましたし、何となく「結論ありき」な人だなという印象もありますし。

最期に寝言を垂れ流すの件ですが、私は大東亜なんたらは亜細亜解放のなんたらと奇天烈な事を喧伝する人たちの「結論ありき」な物言いにいい加減うんざりしていると理解してくだされば幸いです。
名前が無くてごめんなさい | URL | 2007/08/29/Wed 14:10 [EDIT]
浪人さんへ
>そこで、優れた歴史家ってのを是非教えて欲しいです<
私的には、やはり家永三郎氏(彼は、自分が戦争犯罪者の共犯であるとし、その反省を基に、史実を探求しそれとの因果関係を明確にしながらの史観をのべている。つまり後世への責任をとろうとした行為を30年間続けた方です。悔しいほど中立、公正な立場です)
それから吉見義明氏・上杉聰氏・林博史氏など日本の戦争責任センター(創立20年くらいだと思います。寄付で運営しているようです)の主要人です。彼らは常に視点は子ども達や弱者の立場です。

余談ですが彼らとつくる会のメンバーとの品性や人格の高さ違いが、言葉使いや顔などにでています。
西尾幹二や藤岡勝信や八木秀次などと比べてみて下い。
彼らはの視点はいつも、主導権と、自己顕示欲の満足のために史観なので、争いと分裂の繰り返し・・・とほほ人生
ご参考になれば宜しいのですが・・・
ほっと一息 | URL | 2007/09/02/Sun 23:21 [EDIT]
>彼らはの視点はいつも、主導権と、自己顕示欲の満足のために史観なので、争いと分裂の繰り返し・・・

連中は「日本皇国(ネバーランド)のウヨピーターパン」だな。
大和はポチョムキンになるべきだった | URL | 2007/09/06/Thu 09:48 [EDIT]
大和はポチョムキンになるべきだった さんへ
そうです。極右の主張は、「天皇主権の帝国憲法支持者であり、そのもとで行われた太平洋戦争の日本は正しかった。」・・・なのです。
従ってアメリカの原爆投下は不当、天皇判断、発言は正当なのです。
私がやっしゃんが極右と同じ主張をしているから、苦言しているのですが、押し付けだと批難なさいます。
いかが思われます?
トルーマンアメリカは、1928年の不戦条約前から、植民地支配に対して国内批判が出て、植民地を独立させる方向にあったし、不戦条約以降侵略していないし、日本の中国侵略時も中国と日本に不戦(ドクトリン)を勧告したり、日本の仏印侵略時に仏と日本の間を取り持とうと中立案(ハルノート)ど提示したりしている。
そのトルーマンアメリカに奇襲攻撃をした日本ですから、原爆投下は正当でしょうに・・・
そのへん史実からの史観がないから、やっっしゃんは天皇発言支持や原爆投下不当の記事を載せ、極右の応援団になってしまうのでしょう。
ほっと一息 | URL | 2007/09/25/Tue 13:14 [EDIT]
右でも左でもないが
南京虐殺も慰安婦問題も勝戦国(と、それに便乗した某国)がでっち上げた問題という説が強い今(証拠の検証状態から)
河野談話も反応のオペレーションの結果であると考えるのが自然な気がする。

調べれば調べるほど、ネトウヨ等と揶揄されて言われる人間の方がつじつまの合う証拠を提示しているようにも見える。
日本も実際に悪い事は散々していると思う。
戦争だからといって、人を殺しまくっている事を私は肯定は出来ない。
だが、それは日本に限らず、戦争をせざるを得ない状況を作ってしまった、全ての国にいえると思う。
戦争をしてしまえば、それは既に一次的敗北なのだ。

中国や半島からの情報工作は実際に行われている。
所謂、民意扇動というやつだ。
これは、ウヨ反対派の方も受け入れなければならない事実だと思う。
勿論アメリカも情報工作を散々行っている。
しかし、民主主義という形をとっているため、アメリカのオペレーション能力は、中国や半島のそれより、どうしても弱い。
我々は与えられる情報を、疑いを含んだ目で見ていく必要があるだろう。

戦争は反対だし、今後我々日本が犯した戦争という大罪を美化する事はしたくない。
しかし、在りもしない事を情報工作で既成事実として確立されるのは、我々を真実から遠ざけるだろう。
私は真実を見つめていたい。
そこには右も左も無い。
皆が自立して、与えられる情報と冷静に向き合っていって欲しいと願う。
るんどるふると | URL | 2007/10/22/Mon 04:11 [EDIT]

Track Back
TB*URL

「主権回復を目指す会」、本格的に凋落か?
もともと落ちるところまで落ちてるじゃないか、という突っ込みが多数来ると思いますがそれはそれとして(ヲイ 「目指す会」関係ブロガーの中でもとりわけエキセントリック(もしくは凶暴)な事で知られる「よーめん」氏(なにせ、本気で「クーデターをやるしかありますまい  [続きを読む]
vanacoralの日記 2009/01/17/Sat 00:04
「過去の清算」と「ゴミウヨクの処理」について
 ネット右翼の中で最もエキサイティングなスペクタクルを楽しませてくれるブログ。それが「この国は少し変だ!よーめんのブログ」である。 今年8/15の終戦記念日の日に、よーめんたちは徒党を組んで靖国神社に赴き、「河野談話の白紙撤回」を求める署名運動を行った。そし  [続きを読む]
ゴミウヨク焼却党本部 2007/08/22/Wed 12:22
神話を背負ったブラックプリンス
「あべさんが可哀想だったので林さんに入れました」。  そんなことを言う人がいたのだそうです。    先の参院選の投票行動について山口県の人と話しをしていたときに出てきた話です。  私にはかなりショックで、電話  [続きを読む]
とむ丸の夢 2007/08/21/Tue 17:07
その動画が(普通の人の)共感を呼ぶと思ってるのか?
via: ◆ 美しい壺日記 ◆ [英霊も迷惑]「河野談話撤回署名運動」 この国は少し変だ!よーめんのブログ : 街頭署名動画靖国神社版でアップされている動画がなかなかインパクトあります。3分45秒あたりから、彼らを批判する老人とのやりとりが流れますので、まあそのあたり  [続きを読む]
good2ndの日記 2007/08/21/Tue 13:39
言葉でごまかされない
 地理上の位置といい、受け入れ国支援いわゆる「思いやり予算」といい、日本に基地を置くアメリカ側のメリットは計り知れないようです。 私が高校生の時、爆撃機は岩国基地からベトナムへと出動しましたし、湾岸戦争の時に  [続きを読む]
とむ丸の夢 2007/08/20/Mon 21:25
安倍晋三は自民最後の総理 @真の意味の戦後レジーム(自民体制)の脱却まであと少しだ!w
人気ブログランキング ← に参加中! 25位枠にギリギリっす~。応援ヨロシクです!一日一回サラっと流す、阿修羅で見つけた記事を紹介しましょうね。天木直人さんのブログでも名前が挙がっていた民主党の藤井裕久氏の言  [続きを読む]
らんきーブログ 2007/08/20/Mon 16:16
Desgin by Pixel
Copyright © ◆ 美しい壺日記 ◆. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。