スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トム・ラントス氏とマイク・ホンダ氏を名誉毀損で訴えようという日本人がいるんですが……。
最近なんだか体調が悪くてブログの更新どころじゃなかったんで取り上げるの遅くなりましたが、米国下院での慰安婦決議案可決を受け トム・ラントス氏とマイク・ホンダ氏を日本国家・国民への名誉毀損 で訴えようという、無謀な日本人がいることを、数日前に池田信夫 blogで知り気になってました。

ルイジアナ州在住の尾崎信義(HN:伊勢平次郎)氏という人物なんですが、何者なんでしょうか?
こちらが問題の伊勢平次郎氏のブログ
(こちらは伊勢氏のもう1つのブログサンデーブログ

この人、以前にコモリン(自民党右派御用言論人、古森義久)のブログでコモリンと熱いバトルしてたよなぁ…、いつの記事だっけかなぁ……。



と、思っていたら産経ウオッチャーwの師匠pr3さんが取り上げてくれました。

「黙然日記」より 
古森義久氏と名誉毀損訴訟

(一部転載)
……あれ? 訴訟を起こそうとしている尾崎信義氏というのは、以前古森blogで暴れて、ジャーナリストのはずの古森義久氏が「名誉毀損で訴えるぞ」と脅迫までして黙らせようとした、伊勢平次郎(iseheijiro)氏のことじゃありませんか。



そうだ!思いだした!って感じですかね。

それにしても伊勢平次郎氏のブログを見ると、マンセーコメントがすごいですね。まぁ新風信者が17万人しかいないことが明らかになったんでそれほど驚きませんが。

さてさて、どうなることやら。

このエントリーは書きかけです。

応援クリックお願いします!
『人気blogランキング』     a_02.gif
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

おからだおだいじに。
TBありがとうございました。こっちもしばらくさぼり気味でしたが。

まあこの件は、どっちにどう転んでも、見てる側が楽しんで終わるんじゃないでしょうかw つくる会内紛に似ていますが、あれよりも被害は少なそうです。
pr3 | URL | 2007/08/04/Sat 00:04 [EDIT]
元慰安婦の気持ちや願いを考られない鈍感集団
やっしゃんさん、おひさ!

日本が侮辱された!許せん!って誰が侮辱しましたか?つっか、どんだけ傷つきやすいねん!つっか、お前らが傷ついてどないすんねんw

「ホンダ議員は下院東アジア太平洋小委員会で証言した慰安婦出身イ・ヨンスさんらの勇気に敬意を表した。(中央日報 2007/7/31)

元慰安婦の方たちがどんなに強い人間か、まわりの人に犯罪と戦う勇気を与える存在かがわかってない。
何が彼女たちを侮辱することになるのかわかってない。
何を彼女たちが求めているのかわかってない。
一人の女性の小さな願いも叶えようとしないヤツが、日本のために何ができる?

伊勢じいさんに乗っかって、何かした気になっても、イザ!となったら逃げる気満々じゃないか。金だけ出して行動せずとは情ない「憂国の士」どもです。

途中でヘタれるに100アベシ!
Stiffmuscle | URL | 2007/08/04/Sat 00:43 [EDIT]
コメどうも!
実は壮大な“釣り”だった、なんてオチだとおもしろいんですが、今のところ、伊勢氏はけっこうマジみたいですね。

追記
古森ブログ
http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/164048
>やはり、古森義久氏は日本にとっても、アメリカにとっても有害な人物である。平次郎

このような書き込みをする伊勢氏がなぜ訴訟を起こすのかが理解できないなぁ
やっしゃん | URL | 2007/08/04/Sat 00:59 [EDIT]
ウヨ脂肪ってタイトル忘れてるよ。
jik | URL | 2007/08/05/Sun 02:58 [EDIT]
やっしゃんさん、もう元気になりましたか。睡眠をたっぷりとって身体を休めてくださいね。

伊勢氏のブログ見て、一瞬、単純に募金詐欺かと思ってしまいました(笑)。しかし、なぜ決議が名誉毀損にあたるのか?という説明も見当たりませんね~。「ホンダ・ラントスは、訴状を受け取ったとたん、不眠症・心身症となる」とか「ホンダ・ラントスは巨額の法廷費用に恐れをなし無条件降伏します」なんて完全に妄想が暴走してるじゃないですか。願望と事実の区別もつかない・どこの誰かもわからない伊勢氏の訴訟費用を募金しようとする人たちもまた無謀ですね。
山木 | URL | 2007/08/05/Sun 23:29 [EDIT]
山木さんへ
元気なんで心配しないでくださいな。
それと、色即是空のエントリー読ませてもらいました。こちらこそ、いつも勉強させてもらってるんで感謝してますよ。

ちなみに、なぜ決議が名誉毀損にあたるのか?は
http://falcons.blog95.fc2.com/blog-entry-22.html
>(訴訟の趣旨)
1)ホンダ・ラントスが主導した米国議会下院が、確たる裏付け証拠もなく、ひとりの韓国人売春婦の証言を以って、「戦前、旧日本軍が、何千人ものアジアの女性を強制売春させた」と、過去8年間にわたり、大声でふれ回り、「強制売春は事実だ」と米国議会で宣言し、日本政府に謝罪を要求したことに対して、「日本国家・日本国民の名誉を毀損するもの」と、カリホル二ア州最高裁判所または該当する裁判所に訴え出るものです。

だそうですよ(^^;
ヤメることのできない状態なら、強制売春は事実ということになると思うんですがね。いやはや。

>(解説3)日本政府や日本国民が訴えて出る可能性は熟知しているが、「まさか、あの民族性ではそんなことはしないだろう」と半信半疑なのだ。だが、内心ではびくびくしている。寝られないほど神経質になっている。

ホンダ氏とラントス氏がそんな小心者だとは、とても思えないんですが。
謎の憂国の士は、少し妄想が過ぎる方のようです。

>(解説5)安倍晋三首相にお願いをメールした。

そして、安倍にも知らせてあるそうです。安倍はファクトの時のように、知らないフリしてまた黙認すんでしょうね。
やっしゃん | URL | 2007/08/06/Mon 06:28 [EDIT]
元気になって良かったです。

>ヤメることのできない状態なら、強制売春は事実ということになると思うんですがね。いやはや。

やっしゃんさんの言うとおりです。「事実上の人身売買」と非難されていた当時の公娼制度(娼妓取締規則)でさえ「廃業の自由」が規定されていたのに、慰安婦にはその「廃業の自由」さえ認められてなかったんですよね。

それから、もしも伊勢氏の主張するとおり強制売春が事実ではなかったとしても(あくまで仮定の話です)、米下院の決議は旧日本軍の行為に対し日本政府に謝罪を求めた内容なのであって、個人の買春行為が責められているわけではないので、日本国民に対する誹謗中傷には当たらないと思います。それにアメリカの国内法はわかりませんが、「名誉毀損」というのは一般的に、特定の個人(自然人)や法人の名誉を毀損した場合にしか成立しないと思います。

参考までに、以下、ウィキペディアの「名誉毀損罪」から引用します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E8%AA%89%E6%AF%80%E6%90%8D%E7%BD%AA
----------------------------------------------------------
公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立する(刑法230条)。法定刑は3年以下の懲役若しくは禁錮または50万円以下の罰金である。

この場合の人とは、「自然人」「法人」「法人格の無い団体」などが含まれる。 ただし、「アメリカ人」や「東京人」などといった、特定しきれない漠然とした集団については含まれない。
----------------------------------------------------------

>ホンダ氏とラントス氏がそんな小心者だとは、とても思えないんですが。

伊勢氏がホンダ氏とラントス氏のことをそんな風に思うのは、きっと自分が(伊勢氏)がコモリンから「名誉毀損で訴えるぞ」と言われて、眠れないほどビクビクしてた時のことを投影しているのでしょう(笑)。
山木 | URL | 2007/08/06/Mon 11:17 [EDIT]
アメリカが法治国家であることに反論する人はいない。ホンダ・ラントスは裏付け証拠も出さず、「物語」で決議を推進し、日本有罪の結論を出した。法廷へ出ると、下院のモンキー裁判のようには行かない。一泡を食わそうというのではない。司法判断を仰ぐことで、白黒はっきりさせる。伊勢
iseheijiro | URL | 2007/08/06/Mon 14:28 [EDIT]
慰安婦を規程する軍規がない?
「娼妓取締規則」は日本にも朝鮮にもありましたが、それに相当する軍規はなかったように思います。軍命がないどころか、軍命を発する根拠がない。

軍の超法規的慣行を帝国政府も黙認していたってことでしょうが、一方で、国際条約違反であることも認知していた帝国政府。まったくの無茶苦茶です。
Stiffmuscle | URL | 2007/08/06/Mon 16:04 [EDIT]
伊勢さん本人もいるの?
「伊勢平次郎」さんを検索してここへ来ました。

私自身は右の人間ですが、彼らが本気でやってるとはとても思えないです。裁判として適当かどうか、勝てるかどうか位は考えてもよさそうなもんですが……。そろいもそろって「応援します!感動しました!」って馬鹿ではないかと……。
Luxman | URL | 2007/08/07/Tue 15:05 [EDIT]
日本人
下院の慰安婦決議に対して腹が立たない人は 多分 日本人じゃないんだろうなぁ…だって、日本人なら自分の先祖が貶められてるのに平気なワケないもの。
大尉の孫 | URL | 2007/08/09/Thu 01:21 [EDIT]
米国議員をはじめ世界の大勢から賛同を得られない広告を載せ、沈静化していた下院の決議案を成立させてしまった人達に腹が立たない人は、日本人じゃないんだろうなぁ…
やっしゃん | URL | 2007/08/09/Thu 10:57 [EDIT]
大尉の孫さま
わたしの先祖は戦場には行ってないし慰安婦になど会ったこともないので
特に怒りはありません。
日本人 | URL | 2007/08/11/Sat 15:32 [EDIT]
【参考】合衆国憲法第1条第6節も踏まえない人
はじめましてでしょうか。傍観者Aと申します。

今回のこの件で、参考になりそうな記事がありましたので、補足資料ともども記載したいと思います。

・「事実とは無関係に勝ち目のない裁判」
 *minx* [macska dot org in exile]
http://d.hatena.ne.jp/macska/20070810/p1#c

・参考資料:アメリカ合衆国憲法(同国駐日大使館サイトより)
http://tokyo.usembassy.gov/j/amc/tamcj-071.html

第1条第6節 (一)
上院議員および下院議員は、その役務に対し、法律で確定され、合衆国国庫から支出される報酬を受ける。両議院の議員は、反逆罪、重罪および公安を害する罪以外のあらゆる場合において、会期中の議院に出席中、あるいはこれへの往復途上で、逮捕されない特権を有する。議員はまた、議院内における発言あるいは討議について、議院外で審問されることはない。
傍観者A | URL | 2007/08/11/Sat 19:32 [EDIT]
戦前・戦中派も戦後生まれも、日本人は皆、犯罪者?
 かなりクレイジーなコメントです。

 8月18日から10日間、スイスの山旅に出ました。驚くなかれ、日本人バッシングは彼の地でも熾烈を極めています。同行した他のツアー参加者は軒並み英語ができないようで、全く事態を理解していないようでしたが、多国籍の旅行者の集まる登山基地の街中は元より、日本人ばかりが客のように見えるホテル内、3千メートルを超える地点を走る山岳列車内、スイス国営の山小屋内、チューリヒのような都会の雑踏、とにかく時・所まったく構わず、罵声と侮蔑の連続でした。

 毎日、本当に至るところ、列車の待ち列に並ぶ背後に張りついて、路上ですれ違いざま、朝食のためのダイニングルーム内、到着直後のホテルロビー、移動中の飛行機内などなど、よくまあそこまで執拗にマークできるなあと関心してしまうほど熱心に待ち伏せされ、張り付かれ、不快な一言を浴びせられました。とりわけ、韓国人・中国人への謝罪を求めていたのには驚きました。韓国人・中国人とわれわれ一行の日本人を一体どうやって区別できたのか不思議ですが、出国時から徹底した追跡があったのでなければ無理です。恐らく、同行者の中に、自覚の有無はともかく「対日工作連絡員」として、情報発信し続けていた人物がいたと思われました。「対日工作」といっても、完全非暴力的なやり方ですが。

 旅行のハイライトである4千メートルの山のピーク登頂直後も例外ではなく、下山ケーブルの駅付近で私もキレかかりました。人目がなければ、手にしていたピッケルで暴力に訴え、血を見るような事態になったやもしれません。登頂を手伝ってくれた現地ガイド4名のうち、少なくとも2名もグルでした。現地語(ドイツ語・フランス語)を解していれば、より具体的かつ辛辣な本音を聞けたでしょうが、バカンス中に一体だれが苦言など聞きたいものですか。

 さわやかだったのは、山と氷と太陽と雲と風と木と花々と牛羊犬のたぐい。比較的ましだったのが、ドイツ国内の空港の売店の店員さんたち。そうそう、爽快だったのは、スイス国航空隊の曲芸飛行。マッターホルンの前で連日宙返りを見せてくれました。示威行動とは思われません。

 ジャパンバッシングと「従軍慰安婦」問題がどのように関わっているのか明快に実証できませんが、漠然とした直感ながら「大いに関係あり」と思われます。極めて暴力的に終結したはずの戦争が再開され、極めて非暴力的に進行しているのを感じました。非暴力の不快さときたら、うっかり暴力礼賛に走りそうなぐらいです。

 盗聴・盗撮・電波ジャック・移動交通機関や宿舎に仕掛けた送信機と口頭による24時間絶え間ない洗脳、ストーカーとして訴えられないように入れ替わり立ち代り精神攻撃を仕掛ける人海戦術などに対するその場凌ぎの対策と、米国とアジア諸国のみならず欧州と、そこに暮らすイスラム系とアフリカ系の間にも確実に広まっていると思われる反日感情、とりわけ、韓国人と中国人を擁護する姿勢に対して、真摯に、これ以上の日本人バッシングを食い止める策を講じる必要を感じます。

 ところで、現地で日本人バッシングをやっているのがスイス在住の日系人とかつて日本に在住していたスイス人だったら、ちょっと皮肉に笑えます。米国の本田氏や知日派に続け、「日本人の良心を厳しく問え」ということなのでしょうから。

 とても読みにくくて失礼しました。
のなたま | URL | 2007/08/31/Fri 06:46 [EDIT]
伊勢平次郎ブログへのツッコミ
 やっしゃんさん、いつもご苦労様です。そして、古い記事へのコメントで恐縮です。

 最近、FC2ブログランキングで首位を独走している「隼速報」ですが、ブログタイトルが「速報」と書いてる割には更新が頻繁に行われず数日間滞っていますね(笑)。紹介文を読んだだけで「私はあまり関わらない方がいいな」と思いました。

~たしかな野党を、小さくても応援し続ける勇気を!~
嶋ともうみ | URL | 2007/11/06/Tue 08:23 [EDIT]

Track Back
TB*URL

慰安婦映画 ”Behind Forgotten Eyes” トレーラー日本語訳
Behind Forgotten Eyes: Movie Trailer 日本語訳 ナレーター:1910年、日本政府、朝鮮を併合。日本軍はいたるところで多くの女性を強姦した。そして、何万もの女性が拘束され性奴隷にされた。 これはそんな女性たちの物語である。 女性:1930年代後半になって、戦  [続きを読む]
Stiffmuscleの日記 2007/08/06/Mon 16:04
韓国の前進、日本の後退
コメ欄でbolsaespanola さんに紹介していただいた記事。 米下院‘慰安婦決議案’採択の影の主役 コトゥラー氏 (2007.08.02 - 中央日報) 米下院の日本軍慰安婦決議案採択の主役は日系3世のマイケル・ホンダ議員(民主)だ。しかし彼を後押しする人がいなかったら決議案  [続きを読む]
Stiffmuscleの日記 2007/08/04/Sat 00:28
Desgin by Pixel
Copyright © ◆ 美しい壺日記 ◆. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。