スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじめを産むジェンダーフリー?
「諸君!」平成19年3月の特集「いじめはなくせるか」の中で、石原慎太郎(東京都知事)と義家弘介(教育再生会議担当室長、横浜市教育委員会委員、自称ヤンキー先生)の対談が載っていたんだけど、「子供を守るための7つの提言」というのが書いてあって、その(1)の提言がいきなり「新たないじめを産むジェンダーフリーの是正」というトンデモ低言で、なぜかいじめをなくす話とまったく関係ない、ジェンダーフリー教育のバッシングをしていました。

それも、たった1つの誰に聞いたかわからない事例を義家が取り上げて、それを石が原意図的に誇張させるといった、自称保守自民党の御用雑誌「諸君!」お得意のパターンで(笑)

(以下125ページから一部抜粋)
(1)新たないじめを生むジェンダーフリーの是正

義家「(略)今のいじめの実態をみますと、これまでには考えられなかったようなケースが頻出しているんですね。たとえば、男子が女子を殴ったり、トイレで男子のズボンを脱がせて女子に見せたり、といったいじめが実際に起きている。」

石原「男が女を殴る?そんなことまで起きているんですか。それは全く論外だね。」

義家「男子による女子のいじめが起きる背景の一つには、近年進められたジェンダーフリー教育が考えられますね。(略)ジェンダーフリー論者に言わせれば「女を殴ることは男として恥ずべきことだ」というごくごく当たり前の規律さえ、男女差別につながるから教えてはならない、というわけでしょうか。」

石原「それは浅薄きわまりない言い分で反論にも値しないが、肉体の優位性を持ったものが弱者を一方的に殴ってはならない、というのは、世界のどこでも共通する超えてはいけない最低限の規律ですよ。日本だけじゃないかな、若い人の間でこんな病的な現象が起こりうるのは。」
(以上)

『もうこういう、ジェンダーフリーの意味を歪曲し、デマを誇張させスケープゴートするのやめませんか!』

ジェンダーフリー?って方は、こちらのサイト「ジェンダーフリーとは~Q&Aですぐわかる~」で、かなりわかりやすく説明されているので、ぜひ読んでください。
ちなみに、僕はジェンダーフリー教育や男女共同参画について、誤った認識をする人が、少しでも減ればいいと思いリンクに追加しました。

僕は過去の記事でも、教育再生会議の人選について批判したけど、義家という人は、わりと肯定的にとらえていたので、なんで安倍晋三が教育再生会議担当室長にしたのか、この記事を読むまでわからなかったんだけど、まさか基地外プロジェクト「過激な性教育・ジェンダーフリー教育実態調査プロジェクト」でつながっていたとは・・

ちなみに僕は、フェミニストやジェンダーフリー教育推進派とは何も関係ありません。
ただ、ジェンダーフリーについて、色々と調べてみたら、バックラッシュ(バッシング)側が、自称保守かエセ右翼かわからないような奴らばかりで、あまりにひどい事実の歪曲とデマの誇張をし、ジェンダーフリー教育と男女共同参画をバッシングしている実態を知りました。
しかも、その低レベルなデマを垂れ流している人達の中には、責任ある政府与党の自民党議員までいて、その基地外プロジェクトの座長は安倍晋三、事務局長はあの毒女、山谷えり子(首相補佐官・教育再生会議事務局長)です。

僕は、ジェンダーフリー教育や男女共同参画が良いとか悪いとか以前に、このようなデマを平気で言い触らすような人間性の持ち主が、日本の教育改革を進め、さらに憲法にまで手を加えようとしていることが、大問題だと言いたい。

なんとかして、夏の参院選で野党が過半数を獲得し、安倍晋三を首相の座から引きずり降ろさないと(本人はヤメる気なさそうだけど)、日本は亡国にされてしまう。

最後に、これまでの「バックラッシュ」の流れを調べてみたんで、簡単に説明させてください。まず最初に、正論、諸君、世界日報などの一部の自称保守や統一教会系のメディアが、「ジェンダーフリー教育のせいで男女が一緒に着替えさせられた」といった根拠のないエピソードを織り交ぜた論説員の文章を掲載し、これらと資本提携にある産経新聞などが同様の文章を掲載、これを、日本会議所属で「都議会三羽烏」と言われる古賀俊昭(としあき(自民)、田代博嗣(ひろし(自民)、土屋敬之(たかゆき(民主)の3大バカ都議などの地方議員が騒ぎ立て、同じく日本会議所属の安倍晋三や山谷えり子などの大バカ国会議員などが国会などで取り上げ、それをまた産経新聞、フジテレビ(報道2001・八木秀次が立ち往生)などが電波を飛ばしまくるといった「美しい連係プレーw」を永遠にループさせることにより、現在もデマが公然と垂れ流され続けているのが現状です。

あと、こんなのも見つけました。
成城トランスカレッジ
http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20051004
自民党は選挙期間中だけ「過激な性教育・ジェンダーフリー教育実態調査プロジェクト」のバナーをはずしていて、選挙終わった日に復活、今は新しいページも公開されてます。こういうデマばかり流していると、票が逃げる、呆れられるということが分かっているんでしょ。

自民公明は逝ってよし!ついでに石原も逝ってよし!
『人気blogランキング』     a_02.gif
スポンサーサイト
Desgin by Pixel
Copyright © ◆ 美しい壺日記 ◆. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。